Skip to main content

文字パターンの検証

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザー入力に関連性があるかどうかを確認します。 エディットバリデートルールで文字パターンを検証すると、ユーザーがフォームに入力したデータがフィールドの要件と一致しているかを確認し、処理ミスを減らせます。

たとえば、ユーザーに有効な米国の郵便番号をフィールドに入力させたい場合、エディットバリデートルールを使用して、入力が郵便番号フォーマットと一致しているか検証できます。 Pega Platformには、デフォルトのエラーメッセージを含むすぐに使えるさまざまなエディットバリデートルールがあります。
はじめに: バリデートルールを作成します。 詳細は、「Validating field input in complex scenarios」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックします。

  2. 「Process」カテゴリーを展開し、「Validate」をクリックします。

  3. 編集するバリデートルールを開きます。

  4. 「Conditions」セクションで「Edit」をクリックして検証セットを開きます。

  5. 「Validation conditions」ウィンドウで「Add a row」をクリックします。

  6. 新しい行の「Select a function」フィールドで、「invokeValidate」を選択します。

  7. 「Validation of」フィールドで、確認するフィールドを選択します。

  8. 「using」フィールドで、利用可能なエディットバリデートルールの1つを選択します。

    例: ユーザーが「ZIP Code」フィールドに入力した文字列が米国の有効な郵便番号であることを確認するには、ターゲットフィールドに「.ZIPCode」を設定し、エディットバリデートルールに「USZIP Code」を設定します。
  9. 「Submit」をクリックします。

  10. 「Save」をクリックします。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice