Skip to main content

権限マトリックスを使用したカスケード承認

カスケード承認

カスケード承認モデルには、レポート構造権限マトリックスの2種類があります。

権限マトリックスに基づくカスケード承認はレポート構造より柔軟です。 権限マトリックスモデルは、少なくとも1つのエンティティがレポート構造の外部にある、複数のエンティティからの承認を必要とするプロセスを設定するときに使用します。 一連のルールにより、承認チェーンがレポート構造の外部のエンティティ、ユーザー組織の内部および外部に転送されます。 

レポート階層外(経理部門など)での承認が必要な経費報告書は、権限マトリックスモデルを使用します。

次の画像の中央にある垂直線をスライドすると、権限マトリックスとレポート構造の比較を確認できます。

権限マトリックスデータ構造の入力

権限マトリックスを使用したカスケード承認には、承認者を識別するデータ構造の設定が必要です。 承認リストから候補がなくなるまで、アプリケーションで承認ごとに構造を照会します。

Pega Platform™は、データ構造を入力するいくつかの方法が提供されています。 一般的なアプローチの1つは、承認レベルと対応する関係者を識別するためのデシジョンテーブルを設定することです。 Pega Platformでリストが解析され、データ構造が入力されます。

Matrix Decision Table
補足: データページ、アクティビティ、またはデータトランスフォームを使用してレポート構造を入力することもできます。

前の例に続き、アプリケーションでは権限マトリックスを使って経費報告書の承認が管理されます。 デシジョンテーブルにより、承認プロセスの関係者が特定され、各関係者が承認すべき時期を決定する条件が示されます。 マトリックスには経費の額に応じて3種類の条件が含まれています。 4番目の条件は、経理部門から請求可能な経費の承認を受ける必要があることを示します。

アプリケーションによりデシジョンテーブルが評価されます。 各行または各条件が満たされると、結果が承認者のリストに追加されます。 承認のアサインメントは、リストの表示順に承認者にルーティングされます。

cascading-approval-authority-matrix-smaller
ヒント: 権限マトリックスでデシジョンテーブルを使用する場合は、デシジョンテーブルを「Evaluate all rows」に設定して、結果のリストを返します。 それ以外の場合、デシジョンテーブルは1つの結果のみを返します。

コンサルタントが請求可能な時間を含む700ドルの経費報告書を提出すると、アプリケーションでは、経理部門、コンサルタントのマネージャー、およびコンサルティング部門を統括する取締役からの3回の承認を受ける権限マトリックスが作成されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice