Skip to main content

権限マトリクスでの承認の設定

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

権限マトリックスを作成して、組織のさまざまな部署や部門のユーザーから承認を得るシステムを開発します。 たとえば、出張経費を処理するケースを作成し、直属の上司(レポーティング マネージャー)と経理部門のスタッフに承認を求めるよう権限マトリックスを設定できます。

はじめに:
  • ケース ライフ サイクルに承認ステップを追加します。 詳細については、「Requesting approval from users」を参照してください。
  • 承認を付与する必要のあるユーザーリストを保持するページ リスト プロパティと、リストのユーザーを識別するためのページリスト要素としてシングルバリュープロパティを設定します。 詳細については、「Keystores」を参照してください。
  • オプション:承認を付与するのに必要なユーザーを定義するデシジョンテーブルを作成します。 詳細については、「Creating decision tables」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーション パネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックします。

  2. Case life cycleセクションで、編集する承認ステップをクリックします。

  3. 「Step」プロパティパネルの「General」タブのApproval flow typeリストで、「Cascading」を選択します。

  4. Approval based onリストで「Authority matrix」を選択します。

  5. ステップで承認を付与するのに必要なユーザーを定義します:

    1. オプション:

      「Decision table for matrix」フィールドにデシジョンテーブルを入力し、ステップで承認を付与するのに必要なユーザーが決定されるようにします。

      デシジョンテーブルは、ページリストプロパティに入力されます。 ページ リスト プロパティのエントリー数により、承認を付与するのに必要なユーザー数が定義されます。 デシジョンテーブルに含める承認者プロパティでは、ページ リスト プロパティに承認者情報が保持されます。

    2. 「Page list property」フィールドに承認するユーザーを保管するページリストを入力します。

    3. 「Approver property」フィールドに承認するユーザーを参照するプロパティを入力します。

  6. 「Step」プロパティパネルで、「Flow」タブをクリックし、ユーザーがケースを承認したときの動作を定義します。

    選択肢 手順
    ケースを承認し、次のステップに移動する
    1. 「If approved then」リストで、「Continue」を選択します。

    2. オプション:

      ケースのステータスを変更するには、「Set status」フィールドで、ユーザーが承認したときにケースに割り当てるステータスを選択するか入力します。

    承認してステージ変更
    1. 「If approved then」リストで、「Change stage」を選択します。

    2. 「To」リストで、ユーザーが承認したときにケースに割り当てるステージを選択します。

    3. オプション:

      ケースのステータスを変更するには、「Set status」フィールドで、ユーザーが承認したときにケースに割り当てるステータスを選択するか入力します。

  7. ユーザーがケースを却下した場合の処理を定義します。

    選択肢 手順
    却下したらケースを次のステップに移動
    1. 「If rejected then」リストで、「Continue」を選択します。

    2. 「Set status」フィールドで、ユーザーがケースを却下したときにケースに割り当てるステータスを選択または入力します。

    却下してステージ変更
    1. 「If rejected then」リストで、「Change stage」を選択します。

    2. 「To」リストで、ユーザーがケースを却下したときにケースに割り当てるステージを選択します。

    3. 「Set status」フィールドで、ユーザーがケースを却下したときにケースに割り当てるステータスを選択または入力します。

    却下して完了する
    1. 「If rejected then」リストで、「Resolve」を選択します。

    2. 「Set status」フィールドで、ユーザーがケースを却下したときにケースに割り当てるステータスを選択または入力します。

  8. 「Save」をクリックします。

補足: メールによる承認を有効にすると、アプリケーションのユーザーの柔軟性が高まり、ケース完了にかかる時間も短縮されます。 詳細については、「Enabling approval by email」を参照してください。

  • 時間内でのワークの完了

    ケースワーカーに目標と期限を作成して、顧客および利害関係者と作成したサービス レベル アグリーメント(SLA)を適用します。 SLAを実装して、プロジェクト実施の期間を顧客に確約し、これに合意します。

  • ケースからのイベント通知の送信

    ケース通知を送信することで、重要なケースイベントに関してアプリケーションのユーザーに通知します。 ケースが特定の段階に到達した場合など、ケースでイベントが発生した場合に通知を送信できます。 アプリケーションにさまざまな通知を定義して、メール、ウェブガジェット、プッシュ通知など、受信側のチャネルに固有の形式で関係者に伝えられます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice