Skip to main content

ケースワークフローの依存関係

ケース処理の一時停止と再開

Waitステップを使用して依存関係を適用できます。 Waitステップを使用すると、ケースが定義された条件を満たすとケース処理を一時停止および再開できます。 たとえば、顧客が投資信託を購入する注文を送信すると、処理はその日の終わりまで一時停止され、その後投資信託の価値が計算されます。

dependency-example

 

待機タイプ

Waitステップは、Case Dependencyまたは Timer のWaitタイプに基づいてケース処理を一時停止するように設定できます。

ケースの依存関係

Case DependencyのWaitタイプは、子ケースの依存関係が完了するまで、親ケースのケース処理を一時停止します。

親ケースにWaitステップを追加してケース依存関係を作成します。親ケースがWaitステップに到達すると、すべての子ケースまたはその特定タイプの子ケースが定義されたステータスに達するまでケースは一時停止されます。そのステータスは、Pending-Approvalのような標準ステータスや、アプリケーションで定義されたカスタムステータスになります。 また、WaitステップをTo be resolvedに設定することもできます。この場合、ケースステータスをResolvedという単語で始まる値に設定すると、ケースが終了されます。 たとえば、親ケースがWaitステップに到達すると、1つまたはすべての子ケースが完了するまでそのケースは一時停止されます。

補足: 実行時にWaitシェープが依存関係を考慮するには、親ケースと子ケースなどのケース間の階層的関係が存在する必要があります。

現行のステータスのみを考慮するように、またはケースがWaitシェープに到達した後のステータス変更のみを考慮するようにケースを設定できます。さらに、ユーザーが待機条件をキャンセルしてケースの処理を続けられるように許可することもできます。

Case-dependency-gif

タイマー

Timer waitタイプは、Set date/time intervalが切れるまで、または Reference date/timeに達するまでケースを一時停止します。

Waitステップを設定して、固定時間(時間・分)またはプロパティ参照の値に基づいてプロセスを一時停止できます。ケースを一時停止する時間の長さを指定するか、ケースを再開する日付を含む変数を使用します。 たとえば、事故の保険金請求では、事故現場の写真をアップロードする時間を24時間以内に設定できます。 待機時間が経過するまで、ケースを一時停止するための設定です。

timer-gif

 

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice