Skip to main content

ケースのプロセスの一時停止と再開

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

柔軟性とケース完了を向上させるために、ケースが定義された条件を満たす場合、プロセスを一時停止して再開します。 ケース間の依存関係を作成すると、プロセスを一時停止する機能により、他のプロセスの終了を必要とする複雑なケースの完了を促進できます。

たとえば、応募者の採用プロセスを説明する親ケースを作成し、次にバックグラウンド チェックを実行して必要な書類をすべて収集する子ケースを作成します。 ケースワーカーが子ケースのすべて、またはいずれかを完了するまで親ケースを一時停止するように設定できます。

  1. ケースのライフサイクルに、Waitシェープを追加します。

    1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

    2. Waitシェープを追加するステージで、「Step」「More」「Automations」「Wait」をクリックし、次に「Select」をクリックします。

  2. プロセスを再開する条件を定義します。

    補足: 高度オプションで設定するWaitシェープは、Dev Studioのみで変更できます。
    選択肢 手順
    すべての子ケースが完了するまで待機
    1. 「Wait type」リストで、「Case dependency」を選択します。

    2. 「Wait for all child cases to be resolved」チェックボックスを選択します。

    1つまたはすべての子ケースが完了するまで待機
    1. 「Wait type」リストで、「Case dependency」を選択します。

    2. 「Wait for (Case type)」リストで、プロセスを再開するには、選択されたケースタイプがいくつ完了する必要があるかを定義します。

    3. 「To be resolved」をクリックします。

      補足: スタータスが「Resolved」という語で始まるケースは完了しています。
    4. オプション:

      ケースがWaitシェープに達した後にのみステータスを考慮するには、「Consider status after wait begins」チェックボックスを選択します。

    1つまたはすべての子ケースが特定のステータスに達するまで待機
    1. 「Wait type」リストで、「Case dependency」を選択します。

    2. 「Wait for (Case type)」リストで、プロセスを再開するには、選択されたケースタイプがいくつ特定のステータスに達する必要があるかを定義します。

    3. 「To reach status」をクリックします。

    4. 「To reach status」フィールドで、下向き矢印キーを押し、ステータス値を選択します。

    5. オプション:

      ケースがWaitシェープに達した後にのみステータスを考慮するには、「Consider status after wait begins」チェックボックスを選択します。

    特定の時間が経過するまで待機
    1. 「Wait type」リストで、「Timer」を選択します。

    2. 「Set date/time interval」をクリックします。

    3. プロセスを待機させる時間に基づいて、表示されるフィールドの1つ以上に整数を入力します。

    特定の日時まで待機
    1. 「Wait type」リストで、「Timer」を選択します。

    2. 「Reference date/time」をクリックします。

    3. 「Date/Time」フィールドで、プロセスを再開する日時が保存されたプロパティを選択します。

      未来の日時を参照するプロパティを選択していることを確認してください。

  3. オプション:

    ケースワーカーが待機条件をキャンセルしてケースの処理を続行できるようにするには、「Users can choose to continue process」を選択します。

  4. 「Save」をクリックします。

  • App Studioの設計時制限
  • ケースライフサイクルを定義する

    ビジネスモデルを表すケース ライフ サイクルを定義すると、便利で円滑な方法でケースを追跡ならびに完了できます。 ライフサイクルを、ビジネスプロセスの要素に合った小さなモジュールとして定義できます。

  • フローにおけるアサインメントシェープ

    アサインメントシェープは、ユーザーがフローの中で完了するタスクを表します。 ビジネスプロセスがお客様に固有の要件をすべて満たすようにするため、ビジネスプロセスの中で人間の判断や意見を必要とする場所ごとに、アサインメントシェープを追加できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice