Skip to main content
バージョンタグがご希望のコンテンツと一致しているかご確認ください。 または、最新バージョンをご利用ください。

Configuration sets

Configuration settingsにより、デベロッパーにアプリケーションの動作のパラメーターをカスタマイズするための統一されたフレームワークが提供されます。 設定値はConfiguration setsの中で整理されており、アプリケーション機能や特定のケースタイプなどの共通要素を設定できます。

Configuration settingsとConfiguration setsにより、アプリケーションの動作を制御するためのローコードオプションが提供されます。 Configuration settingsにより、ルールのオーバーライドやカスタムルールの変更の必要性が最小限に抑えられ、メンテナンス、アップデート、デプロイが簡単なアプリケーションを提供できるようになります。 カスタムルールのオーバーライドを最小限に抑えると、開発期間が短縮され、開発中にバグやその他の問題が発生する可能性が低くなります。

Configuration settingsは、次の方法で使用できます:

  • アプリケーション内の機能の使用を制御する - 機能に従属関係がある場合、Configuration settingsを使用して、従属条件が満たされるまで機能をオフにできます。 たとえば、メールの送信は多くのプロセスで利用可能なアクションです。 メールの統合が完了していない場合、または特定の環境で使用すべきでない場合は、Configuration settingを使用して機能を無効にできます。
  • フローのどのプロセスに従うべきかを判断する - たとえば、金額の上限に基づいて承認が求められる場合は、Configuration settingを使用して金額上限を保持し、コードを変更せずに金額を変更できます。
  • UIエクスペリエンスを制御する - アジャイル開発手法を使用する場合、リリースごとにプロセスの変更が導入されます Configuration settingを使用すると、既存プロセスのプロセス変更または新規プロセスの指示の表示を制御できます。 ユーザーがプロセスを導入したら、Configuration settingを更新して、追加の手順を非表示にできます。
補足: Pega Platform™の以前のリリースでは、DSS(動的システム設定)で自動設定機能が提供されていました。 Configuration settingでDSSを置き換えて、機能を強化し、メンテナンスを簡素化します。

Configuration setsにアクセスするには、App Studioの「Settings 」タブで「Configurations」をクリックして、「Configuration」ランディングページに移動します。 

Configurations menu

次の画像で、「+」アイコンをクリックして、「Configurations」ランディングページを確認します。

開発

Configuration setsは、AppStudioで作成されメンテナンスされConfiguration settingsがグループ化されます。 クラス、データページ、プロパティなどのルールは、App StudioでConfiguration setsを開発するときに作成され、Dev Studioで表示されます。 Configuration setsに適用されるルールセットは、アプリケーションで使用可能なオープンルールセットから内部的に派生します。Configuration settingsは、Data-Configuration-Setting クラスのデータインスタンスです。

補足:  Configuration setが最初に作成された場合、少なくとも1つのConfiguration settingができるまでConfiguration landingには表示されません。

次の画像で「+」アイコンをクリックして、Configuration settingの属性について確認します。

Configuration settingsでは、ロールベースのアクセス制御(RBAC)を使用して、標準の管理者、マネージャー、およびユーザーのロールにアクセスを許可します。 以下の表は各ロールのアクセス方法について示しています。

ロール

Configuration sets

(Pega-Configuration)

Configuration settings

(Data-Configuration-Setting)

Administrators(管理者)

PegaRULES:SysAdm4

読み取り/書き込み/削除

読み取り/書き込み/削除

Users(ユーザー)

PegaRULES:User4

読み取り

読み取り

Managers(マネージャー)

PegaRULES:WorkMgr4

読み取り/書き込み

読み取り/書き込み

補足: 管理者は、ユーザーとマネージャーがConfiguration setsおよびConfiguration settingsの書き込みと削除を行えるように、アクセス権を更新することができます。

Configuration setsはPega-Configurationクラス構造で定義され、製品ルールが生成するデプロイメントファイルに含まれます。 セットの名前は、クラスルールのpyLabel 値としてメンテナンスされ、最大64文字の長さ制限があります。 Configuration settingsは、製品ファイルの作成時にInclude associated data チェックボックスが選択された場合に含まれます。

Applications and Components to include
 

Configuration settingsの参照

条件ビルダーを使用して、アプリケーション全体でConfiguration settingsを参照できます。 条件ビルダーには、Configuration setとConfiguration settingを選択するためのメニューがあります。 

次の図の「+」アイコンをクリックすると、コンディションビルダーでConfiguration settingを参照する方法を確認できます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 40% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice