Skip to main content

デシジョンツリーの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

デシジョンツリーを作成すると、ツリー構造として整理されて表示され、比較結果がtrueの場合はさらなる比較が実行される、一連のプロパティまたは条件の値を計算します。 たとえば、採用プロセスの例で候補者の場所が特定の都市と等しいかどうかを確認する条件を作成できます。 条件がtrueの場合、アプリケーションが職務経験や学歴などの追加の条件を評価します。

  1. Dev Studioのヘッダーで、「Create Decision Decision Tree」をクリックします。

  2. 「Label」フィールドに、デシジョンツリーの目的を示す名前を入力します。

  3. 「Apply to」フィールドで、デシジョンツリーを作成するクラスを選択します。

  4. 「Create and open」をクリックします。

  5. 列を表示する分岐を選択します。

  6. 条件と結果を定義します。

    選択肢 手順
    1つの条件を定義する
    1. 最初のフィールドに、プロパティまたは値を入力します。

    2. ドロップダウンリストで、コンパレータを選択します。

    3. 次のフィールドに、アプリケーションが最初のプロパティまたは値と比較するプロパティまたは値を入力します。

    4. 「then」リストで、「return」を選択します。

    5. 最後のフィールドに、アプリケーションが戻す結果のプロパティまたは値を入力します。

      例: 職務経験が10年を超える候補者からの応募書類を審査に回したい場合は、if .WorkExperience > 10 then return Work Managerという条件と結果を作成できます。
    ネスト条件を定義する
    1. 最初のフィールドに、プロパティまたは値を入力します。

    2. ドロップダウンリストで、コンパレータを選択します。

    3. 次のフィールドに、アプリケーションが最初のプロパティまたは値と比較するプロパティまたは値を入力します。

    4. 「then」リストで、「continue」を選択します。

    5. 列を表示する次の分岐を選択します。

    6. プロパティまたは値、コンパレータ、および結果を指定して、ネスト条件を定義します。

      例: アプリケーションは、10年を超える職務経験を持つ候補者が修士号を持っているかどうかを確認します。
  7. オプション:

    複雑な条件を作成するには、「Add row」をクリックして、手順6を繰り返します。

  8. otherwiseセクションで、すべての条件がfalseとして評価された場合のアプリケーションの動作を定義します。

    選択肢 手順
    値を戻す
    1. リストから「Return」を選択します。

    2. 「Default return value」フィールドに、使用する値を入力します。

    3. オプション:

      アクションを実行するようにアプリケーションを設定するには、「Take actions」をクリックし、「Add a row」をクリックして、アクションを定義します。

      例: アクションSet pyUpdateCaseStatus equal to Resolved-Rejectedを定義して、ケースステータスを変更します。
    アクションを実行する
    1. リストから「Perform action」を選択します。

    2. 「Actions」をクリックします。

    3. 「Add a row」をクリックします。

    4. アクションプロパティの値を設定して、アクションを定義します。

      例: アクションSet pyUpdateCaseStatus equal to Resolved-Rejectedを定義して、ケースステータスを変更します。
  9. オプション:

    アプリケーションがツリーを確実に処理できるようにするために、ツールバーの「Show conflicts」をクリックして、テーブルに競合がないかを確認します。

    例: 最初の行で職務経験が5年を超えるかどうかを確認し、2番目の行で職務経験が3年を超えるかどうかを確認する場合、最初の行に2番目の行の条件が含まれているため、2番目の行はtrueと評価されません。
    補足: 到達不能な行や空の行には、警告アイコンが表示されます。
  10. オプション:

    他の場合に対応する条件がないか確認するには、ツールバーの「Show completeness」をクリックして、ツリーの完全性をテストします。

    補足: 他の場合に対応する、推奨されるデシジョンツリーの行が自動的に追加されます。
  11. 「Save」をクリックします。

  • デシジョンツリーについて

    「Decision」タブでデシジョンツリーを使用し、ツリー構造に整理されたテスト条件のセットから値を計算する「if .. then」ロジックを記録します。ツリーのベースは左にあります。

  • ルール履歴の表示

    ルールを保存した履歴を表示して、ルールがいつ誰によって変更されたかを確認できます。 また、現在のバージョンを以前のバージョンと比較したり、テスト目的で以前のバージョンのルールを復元したり、現在のバージョンに障害がある場合に使用することもできます。

  • Access Whenルールで生成されたJavaコードの表示
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice