Skip to main content

デシジョンツリーまたはデシジョンテーブル

デシジョンテーブルとデシジョンツリーの違い

デシジョンテーブルとデシジョンツリーは、いずれもプロパティや条件を評価して、比較がtrueと評価された場合に結果を返します。 デシジョンテーブルは同じプロパティセット、つまり条件セットに対して評価を行いますが、デシジョンツリーは異なるプロパティや条件に対して評価を行います。

デシジョン テーブル

デシジョンテーブルでは、同じプロパティと演算子のペア(Account type = など)に対して列内の値が評価され、値またはプロパティが1つ返されます。 デベロッパーは、同じプロパティセット、つまり条件セットの多数の組み合わせを評価して1つの値やプロパティを返す必要がある場合に、デシジョンテーブルを使用できます。 たとえば、ある企業では、従業員5人の評価メトリックスでの勤続年数と評価を使用して、ボーナスの受給資格を決定しています。

デシジョン ツリー

デシジョンツリーの各分岐は、プロパティと演算子のペアを1つの値に対して評価し、値を返したり、ネストされた条件を評価したりするなどのアクションを実行します。 デベロッパーは、他の条件に依存する可能性のあるさまざまなプロパティに対して条件を評価する必要がある場合に、デシジョンツリーを使用します。 デシジョンツリーの各分岐が評価され、すべての分岐がtrueと評価されると、後述されるアクション(ネストされた条件の評価を続けるなど)が実行されます。 たとえば、ある言語学習アプリケーションは、ユーザーの努力に対して、一部のユーザーにはハートを付与し、その他のユーザーには星を付与するA/Bテストを広範囲にわたり実行しています。 ハートと星の値は別個のプロパティで収集されます。 デシジョンツリーは、アカウントに関連付けられたハートまたは星の数に基づいて、ユーザーが受け取れるリワードを評価します。

使用と設定に関する検討事項

デシジョンツリーは、デシジョンテーブルと同じように実行されます。 どちらを構成するかを選ぶ際は、評価する条件と、いずれかを使用する場面を検討してください。

デシジョンテーブルとデシジョンツリーは、Pega Platform™のアプリケーション内で常に入れ替えて使用できるわけではありません。 デシジョンテーブルやデシジョンツリーは、フロールール、デクレアエクスプレッション、アクティビティ、ルーターで参照できます。 権限マトリックスを使用したカスケード承認など一部の構成では、デシジョンテーブルのみサポートします。

デシジョンツリーの1行ずつの構成は、ビジネス関係者やローコードデベロッパーが、さまざまなプロパティに対して評価される依存条件を構成および更新するのを容易にします。 同じプロパティに対して評価する条件がほとんどない状況でデシジョンテーブルを使用する場合、デシジョンテーブルは、意思決定に値が必要とされない空のボックスを持つことになります。

デシジョンテーブルのテーブル構成は、ビジネス関係者やローコードデベロッパーが、多数の同じプロパティに対して評価される意思決定を構成および更新するのを容易にします。

銀行の顧客を一連の質問を通して誘導し、顧客のニーズに最適な口座タイプを返すウィザードを考えてみてください。 意思決定は、デシジョンテーブルでもデシジョンツリーでも構成できます。 デシジョンテーブルを使用して口座タイプを選択すると空のボックスができ、デシジョンツリーを使用すると条件が重複されます。 以下の図の中央にある垂直線をスライドすると、口座タイプの決定についてデシジョンテーブルとデシジョンツリーを比較できます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice