Skip to main content

チームの作成

チームの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

生産性を向上させ、アプリケーション開発プロセスにおける作業負荷の分散を容易にする目的でチームを作成します。 そして、チームメンバーにワークを割り当て、コラボレーション ツールをチームに提供し、ケースの完了をスピードアップできます。

チームはワークグループとも呼ばれます。

  1. App StudioのヘッダーでMy Teamsウィジェットを含むポータルに移動します。

  2. ナビゲーション パネルで「My Teams」をクリックします。

  3. My Teamsセクションのヘッダーで「Create team」をクリックします。

  4. 「Create team」ウィンドウで、チームに関する情報を入力します。

    1. 「Name」フィールドに一意のチーム名を入力します。

    2. オプション:

      チームについての詳細情報を提供するため、「About」フィールドにチームの目的を説明する文章を入力します。

    3. 「Manager」フィールドで、下矢印キーを押して、チームのワークを監督するユーザーの名前を選択します。

    4. 「Submit」をクリックします。

  5. チームメンバーを追加します:

    1. My Teamsセクションで、チーム名をクリックします。

    2. Membersセクションで「Edit members」アイコンをクリックします。

    3. 「Edit members」ウィンドウのテキストフィールドで下矢印キーを押して、ユーザー名を選択します。

    4. Add」をクリックします。

    5. 「Submit」をクリックします。

補足: アプリケーションにPulseガジェットを追加して、チームでのコラボレーションを促進します。 詳細情報については、「Collaborating with users by using Pulse」を参照してください。
  • チームにセカンダリマネージャーを追加する

    チームに複数のマネージャーを関連付けることで、ワークの可視性を高めます。

  • チームの専門分野の定義

    チームマネージャーとして、チームの専門分野を定義し、アプリケーションによってワークが適切なスキルを持つユーザーに割り当てられるようにします。

  • チームの削除

    アプリケーションの複雑さを解消するために、関連付けられたユーザーまたはワークキューがある場合にもチームを削除します。

  • ワークへのーのチームへの追加

    チームにワークキューを追加すると、アプリケーションでの作業負荷の管理を向上させ、ケースの完了をスピードアップできます。 たとえば、マネージャーのタスクを表示するワークキューなど、専門分野が異なるユーザーについて、タスクを収集する複数のワークキューを作成できます。

  • ワークキューの作成

    アプリケーションでワークロード管理とタスクルーティングを改善するために、オペレーターとロボットのキューへの割り当てを保持するワークキューを作成します。 ワークキューをユーザーのグループやロボットキューと関連付けることで、組織内の仕事を論理的かつ効率的に分類できます。

  • ワークグループの作成

    ワークグループを作成することで、組織内の仕事を論理的かつ効率的に管理できます。 ワークグループでマネージャーと直属ユーザーのグループをリンクすることによって、関連するワークフローの管理を行い、コミュニケーションを向上させることができます。

  • 組織チャートを活用した組織構造の更新

    企業の成長を反映させるために、組織構造に新しい要素を加えます。 組織の発展に合わせて、企業の新しい要素に対応する新しい部門、ユニット、サブユニットを追加できます。 組織構造を管理すれば組織全体で異なるアプリケーション要素を再利用できるため、アプリケーション開発を加速できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice