Skip to main content

テンポラリケースの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

保持する予定ではない、固有のケースを完了して、データベース リソースを節約するには、テンポラリケースを作成します。 たとえば、パッケージの配達ステータスを追跡するテンポラリケースを作成できます。 このケースは、顧客がパッケージの到着日を知りたい場合に便利ですが、顧客がパッケージを受け取ったら、そのケースを保持する必要はありません。

はじめに: ケースタイプを作成する 詳細情報については、「Creating a case type」を参照してください。

アプリケーションはテンポラリケースをルーティングできません。また、1人のオペレータのみがケースを処理して完了できます。

  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. ケース作業エリアで、「Settings」タブをクリックします。

  3. ナビゲーション パネルで、「General」をクリックします。

  4. 「Behavior」セクションで、「Create temporary case that is not saved until a 'Persist case' step is reached」チェックボックスを選択します。

  5. 「Save」をクリックします。

補足: 将来再利用できるように、テンポラリケースをデータベースに保存するには、ケースを永続オブジェクトに変換します。 詳細情報については、「Persisting temporary cases」を参照してください。

  • 重複ケースを見つける

    アプリケーションで重複の可能性のあるケースを特定し、各ケースを固有のリクエストのみを表すものにして時間を節約します。 重複の可能性のあるケースは、一連の必須条件と荷重条件を満たします。 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice