Skip to main content

テンポラリケースの保持

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

データベースでテンポラリケースを永続オブジェクトにしてビジネスプロセスを再利用します。 重複追跡ロジックの一部としてこの方法を使用すると、リソースを節約でき、アプリケーションで固有かつ適切なケースのみを作成できます。

はじめに: テンポラリケースを作成します。 詳細情報については、「Creating temporary cases」を参照してください。

そのケースがアプリケーションに固有なものか分からない場合、または顧客がケースを完了する前に廃棄してしまった場合には、テンポラリケースを作成して、データベースリソースを節約できます。 ケースが固有のものであることを確認するか、将来ケースを再利用すると判断した場合には、テンポラリケースを保持できます。 また、顧客とのインタラクションにケースの作成が必要かどうかをシステムが評価する前に、テンポラリケースを作成することもできます。 たとえば、フライトの予約アプリケーションでは、顧客がシステムに接続すると、アプリケーションはテンポラリケースを作成します。 顧客が単にフライト スケジュールを閲覧するだけの場合には、顧客がシステムを離れた後でアプリケーションはテンポラリケースを閉じます。 顧客が予約の変更を希望する場合には、アプリケーションはケースを保持します。

  1. ケースライフサイクルにPersist Caseシェープを追加します。

    1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

    2. シェープを追加するプロセスで、 「Step」「More」「Automations」「Persist case」 の順にクリックします。

    3. 「Select」をクリックします。

  2. 「Persist case」フィールドに、ステップの名前を入力します。

  3. オプション:

    さらに監査情報を提供するには、「Step」プロパティパネルで、監査メモを入力します。

  4. 「Save」をクリックします。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice