Skip to main content
close Search
Close search

データレコード

データレコード

多くの場合、アプリケーションでは、ケースの処理に使用されるが、アプリケーションの一部ではないデータへのアクセスが必要です。 データレコードは、特定のデータタイプに関連付けられたフィールドの値を提供し、ケースの外部に格納できます。 その結果、データレコードを幅広く再利用および参照できます。

Note: データタイプの詳細については、データタイプに関するヘルプ記事を参照してください。

データレコードは、データフィールドの許容される入力値を定義します。 入力値を有効な値に限定すると、エラーが減少し、自動化が可能になります。

たとえば、空港コードのドロップダウンリストが表示されているとします。 空港のデータタイプがあります。 各空港には、空港コード、都市、国の値が含まれています。 空港データタイプの値は、ケースタイプによって異なりません。 この例では、ユーザーが選択した空港コードと場所情報のみがケースに追加され、ケースとともに保持されます。

Note: データレコードをデータタイプに追加した後、フォームでデータタイプを参照できます。 デフォルトでは、データレコードは選択可能なドロップダウンリストに表示されます。 項目を選択すると、次の図に示すように、関連付けられた値をフォームに表示できます。
airports data type drop down selection

データレコードとデータタイプ

Pega Platform™では、データタイプは顧客などの主要なビジネスエンティティを表します。 データタイプには、オブジェクトの説明に必要なすべてのフィールドが含まれています。 たとえば、識別子、名前、住所、アカウント作成日などが顧客を説明する情報になります。

一般に、データレコード値の変更は、ビジネスプロセスに関連する変更を伴う必要はありません。 一方、データタイプフィールドの変更は、ビジネスプロセスの変更を表しています。 たとえば、新しい顧客の追加は標準的なビジネスプロセスの一部です。 プラチナなどの新しい顧客レベルを追加する場合は、プラチナ顧客を管理するためにビジネスプロセスが変更されます。

データレコードの使用方法

Pega Platformアプリケーションでは、データレコードを作成し、それを使用してデータを参照する方法がいくつかあります。

ローカルデータストレージを構成する

ローカルデータストレージを使用すると、データベーステーブルを作成または維持する必要なく、データタイプのデータレコードを保存できます。 ローカルのシステムオブレコードを使用して保存されたデータレコードは、アプリケーションの一部としてパッケージ化および配布できます。

各データタイプには、一意のレコードキーとして機能するプロパティがあります。 ローカルデータソースを作成したら、そこにレコードを追加できます。

たとえば、Officeデータタイプでは、オフィスの場所ごとにレコードを追加できます。 IDプロパティは、各オフィスを識別する一意のキーです。

Office data type with records that are locally sourced

外部データベースに接続する

コネクターを使用して、外部データベースストレージからデータを取得できます。 たとえば、購入アプリケーションは通貨の為替レートにアクセスする必要があります。 為替レート情報は、外部データベーステーブルに格納されています。

Note: コネクターの詳細については、コネクターに関するヘルプ記事を参照してください。
If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice