Skip to main content
close Search
Close search

データビュー

データレコードとアプリケーションのリンク

データビューは、アプリケーションがどのようにデータを使用し、データタイプに関連付けられたデータを定義するかのインスタンスを表します。 これらは、データレコードとアプリケーション間のリンクとして機能します。 たとえば、Mortgage Requestと呼ばれるアプリケーションが住宅ローンの申し込みを処理します。 このアプリケーションは、ユーザーが適切な住宅ローンを選択できるように、提供されている住宅ローンの種類についての情報を提供しています。 住宅ローンに関する情報を住宅ローンオプションのデータタイプを使用して外部のシステムオブレコードから取得します。

住宅ローンオプションのデータタイプに対して定義されたデータビューは、システムオブレコードに接続する方法と、データタイプにマップするフィールドを識別します。 これにより、アプリケーションは、ソースデータのあるデータ参照(この例では、利用可能な住宅ローンオプションのリスト)を入力できます。開発者は、データがどこに、どのように格納されているかを知る必要がありません。

Available mortgages as a field group list

アプリケーションからデータ統合を切り離すことにより、開発者は、アプリケーションがソースデータを使用する方法に影響を与えることなく、データタイプのデータソースを更新できます。 Mortgage Requestケースの例では、住宅ローンオプションデータのデータソースを変更する必要があるかもしれません。 アプリケーションがデータを使用する方法を変更することなく、データビューのデータソースを変更できます。 このため、新しいデータソースが会社の要件をよりよく満たしている場合は、返されたデータをユーザーに提示するビューを更新せずに、データビューのソースを更新できます。

 

データタイプのデフォルトのデータビュー

Pega Platform™は、システムオブレコードに接続するように構成されたあらゆるデータタイプに対して3つのデータビューを提供します。 たとえば、次の図は、リクエストタイプのデータタイプに対して生成された3つのデータビューを示しています。 「List Request」タイプのデータビューはすべてのリクエストタイプのデータレコードを表示し、「Request」タイプのデータビューは単一のレコードを返し、「Savable Request」タイプのデータビューはケースが単一のレコードをシステムオブレコードに保存できるようにします。

Default data views for request type

データビューは、本番対応にすることも、データソースの状況によってはシミュレーションすることもできます。シミュレーションデータビューには、関連付けられたデータソースはありません。 データビューが本番環境で使用できるようになる前に、データソースへの接続を構成する必要がありますが、アプリケーション開発中はシミュレーションデータソースを使用できます。

App Studioでは、アプリケーションでデータビューを作成および確認できます。また、データソースを追加して置き換えることもできます。 データビューを確認する手順については、ヘルプトピック「Reviewing the data vies for a data type(データタイプのデータビューを確認する)」を参照してください。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 55% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice