Skip to main content

データレコード

データレコード

多くの場合、アプリケーションでは、ケースの処理に使用されるが、アプリケーションの一部ではないデータへのアクセスが必要です。 データレコードは、特定のデータオブジェクトに関連付けられたフィールドの値を提供し、ケースの外部に格納できます。 その結果、データレコードを幅広く再利用および参照できます。

データレコードは、データフィールドの許容される入力値を定義します。 入力値を有効な値に限定すると、エラーが減少し、自動化が可能になります。

たとえば、空港コードのドロップダウンリストが表示されているとします。 Airportのデータオブジェクトがあります。 各空港には、空港コード、都市、国の値が含まれています。 Airportデータオブジェクトの値は、ケースタイプによって異なることはありません。 この例では、ユーザーが選択した空港コードと場所情報のみがケースに追加され、ケースとともに保持されます。

補足: データレコードをデータオブジェクトに追加した後、フォームでデータオブジェクトを参照できます。 デフォルトでは、データレコードは選択可能なドロップダウンリストに表示されます。 項目を選択すると、次の図に示すように、関連付けられた値をフォームに表示できます。
airports data type drop down selection

データレコードとデータオブジェクト

Pega Platform™では、データオブジェクトは顧客などの主要なビジネスエンティティを表します。 Data objectsには、オブジェクトの説明に必要なすべてのフィールドが含まれています。 たとえば、識別子、名前、住所、アカウント作成日などが顧客を説明する情報になります。

一般に、データレコード値の変更は、ビジネスプロセスに関連する変更を伴う必要はありません。 一方、データオブジェクトフィールドの変更は、ビジネスプロセスの変更を表しています。 たとえば、新しい顧客の追加は標準的なビジネスプロセスの一部です。 プラチナなどの新しい顧客レベルを追加する場合は、プラチナ顧客を管理するためにビジネスプロセスが変更されます。

ローカルデータストレージ

Pega Platformアプリケーションでは、データレコードを作成し、それを使用してデータを参照する方法がいくつかあります。

ローカルデータストレージを使用すると、データベーステーブルを作成または維持することなく、データオブジェクトのデータレコードを保存できます。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、データレコードの詳細が表示されます。

外部データソース

データベースやウェブサービスなど、外部のデータソースからデータを取得するようにデータオブジェクトを設定できます。 たとえば、購入アプリケーションは通貨の為替レートにアクセスする必要があります。 為替レート情報は、外部データベーステーブルに格納されています。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 33% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice