Skip to main content

データページとVisual Data Model

App Studioでは、データページが、アプリケーションがどのようにデータを使用するかを示し、データオブジェクトに関連するデータを定義します。 データページは、データレコードとアプリケーションとの間のリンクとして機能します。 「Visual Data Model」とは、アプリケーションのデータモデルとエンティティとの関係をこれらのリンクによって視覚的に示す図のことをいいます。 「Visual Data Model」を表示しながら、フィールドを更新、追加、削除できます。

補足: Pega Platform™の以前のバージョンでは、データページはデータビューと呼ばれていました。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、「Visual Data Model」に表示されるさまざまなエンティティと、これらのエンティティとのインタラクション方法を確認できます。

上記の例では、Online Orderケースタイプにより、ウェブサイトからの注文が処理されます。 アプリケーションでは、 Customerデータオブジェクトを使用して、外部のシステムオブレコードから顧客情報を取得します。

Customerデータオブジェクトに定義されたデータページでは、システムオブレコードへの接続方法や、データオブジェクトのどのフィールドをマッピングするかを指定します。 上記の例では、Customer queryフィールドがCustomerデータオブジェクトにマッピングされています。 データページにより、アプリケーションではソースデータのあるデータ参照(この例では、詳細な顧客情報)を取得できます。開発者は、データがどこに、どのように格納されているかを知る必要がありません。

アプリケーションからデータ統合を切り離すことにより、開発者は、アプリケーションがソースデータを使用する方法に影響を与えることなく、データオブジェクトのデータソースを更新できます。 Online Orderケースの例では、Ordersデータのデータソースを変更する必要があるかもしれません。 アプリケーションがデータを使用する方法を変更することなく、データページのデータソースを変更できます。 このため、新しいデータソースが会社の要件をよりよく満たしている場合は、返されたデータをユーザーに提示するビューを更新せずに、データページのソースを更新できます。 

データオブジェクトのデフォルトデータページ

Pega Platformでは、システムオブレコードに設定されたデータオブジェクトに対して3つのデフォルトデータページが提供されています。

たとえば、Requestデータオブジェクトには3つのデータページが自動的に生成されます。 次の画像で、 「+」のアイコンをクリックすると、各デフォルトデータページの詳細が表示されます。

シミュレーションデータページ

データページは、データソースの状況に応じて、本番稼働用またはシミュレーション用にすることができます。 シミュレーションされたデータページには、関連するデータソースがありません。 データページを本番環境で使用する場合は、まずデータソースへの接続を設定する必要がありますが、アプリケーションの開発やテストを行う場合は、シミュレーションデータソースを使用できます。 

Integration designer

App Studioでは、アプリケーションのデータページを作成し、レビューを行うことができます。 また、データソースの追加や交換も可能です。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice