Skip to main content
close Search
Close search

レポートの編集

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

レポートエディタを使用して、レポートに情報が表示される方法を変更したり、異なるユーザーのためにデータをフィルターしたりできます。

  1. App Studioがプレビューモードでない場合には、ヘッダーで「Preview application」をクリックします。

  2. App Studioのヘッダーで、レポートを管理するポータルを選択します。

  3. 左のナビゲーションペインで「Reports」をクリックし、レポートブラウザを開きます。

  4. 表示するレポートを選択します。

    • カスタムレポートを表示するには「My Reports」タブをクリックします。
    • 使用可能なすべてのレポートを表示するには「All Reports」タブをクリックします。
  5. 編集するレポートをクリックします。

  6. 右上で、「Edit report」をクリックして、レポートを編集します。

    選択肢 手順
    レポートタイトルの変更 Report Editorの上部のテキストフィールドで、新しいレポートタイトルを入力します。
    レポートへの列の追加 「Data Explorer」セクションから、既存のレポート列の横に列をドラッグします。
    レポートからの列の削除
    1. 列の右側にポインターを置き、「Open Menu」をクリックします。

    2. 「Delete」をクリックします。

    3. 「Delete Column Confirmation」モーダル ダイアログ ボックスで、「Submit」をクリックします。

    列見出しの変更
    1. 列の右側にポインターを置き、「Open Menu」をクリックします。

    2. 「Heading」をクリックします。

    3. 「Column heading」フィールドに列名を入力し、「Apply changes」をクリックします。

    列値のフォーマット
    1. 列の右側にポインターを置き、「Open Menu」をクリックします。

    2. 「Format」をクリックします。

    3. 「Format values」フィールドに適切な値を入力し、「Apply changes」をクリックします。

    列値の並べ替え
    1. 列の右側にポインターを置き、「Open Menu」をクリックします。

    2. 「Sort」をクリックします。

    3. 値を昇順で表示するには、「Lowest to highest」をクリックします。

    4. 値を降順で表示するには、「Highest to lowest」をクリックします。

    サマリまたはチャートのレポートタイプへのチャートの追加
    1. 「Add chart」をクリックします。

    2. 「All chart types」をクリックします。

    3. 「Select Chart Type」モーダル ダイアログ ボックスで、レポートに含めるチャートタイプをクリックします。

    4. 「Submit」をクリックします。

    5. 「Available columns」セクションから、列をチャートにドラッグします。

    6. Apply changes」をクリックします。

    レポートチャートの編集
    1. チャートがすでに存在する場合には、「Edit chart」をクリックします。

    2. 「Title」をクリックして、チャートのタイトルを変更します。

    3. 「Color settings」をクリックして、チャートの色をカスタマイズします。

    4. 「General settings」をクリックして、一般的なチャート設定を設定します。

    5. Apply changes」をクリックします。

    列コンテンツのフィルター
    1. 「Data Explorer」セクションから、フィルターを「Drop column to add Filter」ボックスにドラッグします。

    2. 「Edit filter」セクションで、フィルターオプションを設定し、次に「Apply changes」をクリックします。

      フィルター条件の詳細情報については、「Editing filter conditions」をご覧ください。

    シミュレーション データと実際のデータの切り替え ビジネスニーズに基づき、「Actual data」または「Simulated data」をクリックします。
    補足: シミュレーション データでレポートをデザインすると、レポートを編集する際にデータベースに繰り返しクエリーする必要がなく、変更を迅速に行えます。
  7. 「Done editing」をクリックします。

  • レポート エディタ

    レポートエディタは、レポートを編集するためのツールとリソースを提供します。 Report Editorは、レポート名と、レポート生成の日時を表示します。

  • リストレポートの修正

    レポートビューアで列の設定を変更することで、リストレポートの見た目や内容を管理できます。 たとえば、コンテンツをフィルターして列で表示したり、データを並べ替えたり、列幅を調整して最も関連性の高いデータを見やすくしたりできます。

  • サマリーレポートの修正

    レポートビューアで列の設定を変更することで、サマリーレポートの見た目や内容を管理できます。 たとえば、値のフォーマットを指定したり、列の幅を変更したりできます。

  • データエクスプローラー

    レポートエディタで、データエクスプローラーは、プロパティや計算を見つけてレポートに列として含める効率的な方法を提供します。 また、Data Explorerを使用してフィルター条件を定義することもできます。

  • フィルター条件の追加

    必要なビジネスニーズを満たすようにレポートをカスタマイズし、該当するデータのみを表示します。

  • レポートエディタでのチャートの追加または編集

    Report Editorでレポートにチャートを追加し、レポートデータをグラフィックで表示します。 チャートを含めるには、レポートに集計データが必要です。

  • レポートエディタでのチャートの削除

    レポートエディタでサマリーレポートから冗長なチャートを削除し、スペースを節約します。 たとえば、チャートが使用するデータを削除するとチャートを削除できます。

  • リストレポートからサマリーレポートへの変換

    リストレポートをサマリーレポートに変換すると、アプリケーションで数値データを分析して特定のイベントの数を発見できます。 たとえば、アプリケーションでユーザーIDの合計数を要約できます。

  • サマリーレポートからリストレポートに変換する

    集約された列をリスト形式で表示すると、レポートがより分かりやすくなり、データ分析を促進できます。

  • フィルターロジックの編集

    レポートが情報をフィルターする方法を管理することで、必要に応じて該当するデータのみを表示するようカスタマイズできます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice