Skip to main content
close Search
Close search

レポートブラウザ

レポートブラウザ

レポートブラウザツールを使用すると、レポートの新規作成、整理、実行、共有ができるだけでなく、レポートカテゴリーを管理できます。 Pega Platform™は、カテゴリーごとにレポートを整理します。 カテゴリーは、レポートブラウザに表示されるレポートの組織体系を定義します。 各カテゴリーはラベルと所有者タイプから構成されます。所有者タイプによってそのカテゴリーが公開される対象が決まります。タイプは個別ユーザー、ユーザーグループ、全ユーザーのいずれかになります。 カテゴリーの2つのタイプは、プライベートとパブリックです。

  • プライベートカテゴリーは、作成するレポートへのショートカットを提供します。 他のユーザーはそれらのレポートを実行したり表示したりできません。
  • パブリックカテゴリーには、ケース完了の件数、プロセス、効率に関する深いインサイトをもたらす、すぐに使用可能なPegaのスタンダード レポートと、ユーザーが他のユーザーに公開したレポートへのショートカットがあります。 一般的に、アプリケーション デベロッパーが、どのスタンダード レポートをすべてのユーザーに公開するかを決定します。

レポートブラウザでは、レポートのタイプをプレビューできるビジュアルタイルとしてレポートが表示されます。 タイルの最初の行には、ユーザーが最近表示したレポートが表示されます。 各タイルには、期間が含まれます。 各タイルにリストされた期間は、レポート作成日からの経過時間です。 以下の例では、レポートブラウザにユーザーが最近表示した3つのレポートが表示されています。

Report Browser - top section

レポートブラウザから、利用可能な全レポートを表示するか、自身が作成したレポートを表示するか選択できます。 タイルビューとリストビューを切り替えることもできます。 さらに、テキストベースおよびカテゴリーベースの検索を実行できます。

スタンダードPegaパブリックレポートのカテゴリー

Pega Platformは、スタンダード レポートを、次のパブリック カテゴリーに読み込み、ソートします。

「Analyze Performance」カテゴリーのレポートでは、解決(完了)したワークアイテムを品質の次元に沿って分析し要約します。 これらのレポートを使用して過去のパフォーマンスを見直し、改善の余地がある箇所を判断できます。 たとえば、「Average Performance Time By Task」レポートには、タスクが処理モードまたはアイドルモードにある時間数とユーザーがタスクを完了するまでにかかる合計時間の棒グラフと集計カウントが含まれます。 以下のチャートでは、現在地の特定タスクが完了するまでに6時間かかっています。 利害関係者は、この情報を使用して現在地の特定タスクにかかる時間が他のタスクよりも長い理由を調査し、タスク時間を短縮してプロセス パフォーマンスを改善できます。

Average Performance Time by Task Report

「Analyze Quality」カテゴリーのレポートは、アサインメントごとに、選択された行動、選択の頻度、そして選択の適時性を示します。 たとえば、ワークタイプごとの完了された日次アイテム数は、ワークグループがタスクを完了したペースを示します。 以下の例では、ワークグループ1は、8月27日に20アイテム、8月28日に30アイテム完了しています。 ワークグループ2は、8月27日に10アイテム、8月28日に20アイテム完了しています。

Number of Items Resolved Daily by Work Type Report

「Case Metrics」カテゴリーのレポートは、オープンおよび完了済みケースに関する情報、そしてステップ パフォーマンスの履歴ビューを提供します。 「Case Metrics」カテゴリーには、「Time per stage」と「Case Volume」の2つのレポートがあります。 「Time per stage」レポートは、ステージあたりの完了済みケースの積み重ね棒グラフを表示し、棒の長さは、ワークタイプごとに各ステータスでかかった時間の長さを示しています。

「Case Volume」レポートは、過去7日間の、ケースタイプごとにグループ化された、1日あたりに作成されたケース件数を表示します。 以下の例のレポートは、新しいケースが8月22日に1件、8月23日に3件、8月26日に4件作成されたことを示しています。

Case volume report

「Monitor Assignments」カテゴリーのレポートは、オープンのアサインメントに関する情報を提供します。 たとえば、「Timeliness by Task」レポートは横向きの棒グラフを表示し、棒は各アサインメント タスクの名前に対応しています。 件数と色は、各タスクのいくつのアサインメント(ワークグループのユーザーの)が、目標以内、目標後、期限切れかを示しています。 以下の例でアサインメント1は、20件のアサインメントが目標以内、20件のアサインメントが目標後、20件のアサインメントが期限切れです。 アサインメント2は、20件のアサインメントが目標以内、20件のアサインメントが目標後、20件のアサインメントが期限切れです。

Report Timeliness by task

「Monitor Processes」カテゴリーのレポートは、現在のアプリケーションのオープンの(未解決の)ワークアイテムをリストまたは集計します。 これらのレポートは、アプリケーションでサポートされているビジネスプロセスの毎日のモニタリングをサポートします。 たとえば、現在のオペレータが完了したプロセスリストには、オペレータが完了したすべてのケースがリストされます。 このレポートには、完了されたケースがすべて表示されますが、レポートを編集して期間フィルターを変更することもできます。

Report - List of processes resolved by current operator

「Open Cases」のレポートは、オープンケースのケースレベルのSLA(サービスレベルアグリーメント)ステータスを表示します。

「Service Level Performance」カテゴリーのレポートは、アサインメントのSLAステータスを提供します。 「User Timeliness」レポートは、ユーザーごとにアサインメントSLAステータスをまとめます。 「Open Step Timeliness」レポートは、ステップごとにアサインメントSLAステータスをまとめます。

「Step Performance」カテゴリーのレポートは、プロセスステップのステータスを提供します。 「Step Performance」カテゴリーには、以下のレポートが含まれます。

  • 「Goals and deadlines by step」 – アサインメントごとにまとめられたSLAステータスを提供します。
  • 「Step duration」 – ステップ完了までにユーザーが要した時間の履歴ビューを提供します。
  • 「Time spent in step」 – 特定のステップに費やされた時間の履歴ビューを提供します。

Prediction Studioで「Predictive Model Monitoring カテゴリーを使用する方法の詳細については、Pega Communityの記事、「Improve prediction accuracy by monitoring predictive models」を参照してください。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 75% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice