Skip to main content

外部アプリケーションとの統合

現代のエンタープライズアプリケーションが、処理するデータをすべて内蔵しているということはほとんどありません。 統合プロトコルと相互運用規格により、さまざまなシステムオブレコードに格納されている読み取り・書き込みデータにアクセスできます。物理的に分散された複数のリソースをリンクするアプリケーションを設計できます。 Pega Platform™は、アプリケーションを分散リソースに接続するタスクを簡略化し、外部のプロセスやデータへのアクセスを可能にする、包括的な統合機能を提供します。

Pega Platformは、さまざまな統合規格と通信プロトコルをサポートしているため、接続の開発に手間を取られることなく、アプリケーションのビジネス要件への対応に集中できます。 たとえば、アプリケーションは外部データベースに接続したり、外部Webサービスから取得したデータを使用したりできます。

ただし、現在も使用されている多くの外部システムは、他のアプリケーションとデータを共有できるように設計されていません。 これらの外部システムには、データを共有するためのAPIがないからです。 APIがあるとしても、他のシステムにはアクセスできないものか、あなたのビジネス要件をサポートするには不十分なものでしょう。 こうした状況で他に統合オプションがない場合は、Pega Robotic Process Automation(RPA)統合機能を使用できます。

最高のビジネス成果を達成するには、ビジネス要件とITインフラストラクチャに合った最も適切なPega統合機能を選ぶ必要があります。 たとえば、どのような場合にPega統合コネクターではなくPega RPAを適用すべきかを知ることで、投資収益率をさらに高めることができます。

次の例では、適切なPega統合機能を適用して、最適なビジネス結果を達成しています。

U-Plus Bankは最近、複数の銀行を買収しました。その結果、複数の顧客のシステムオブレコード(SOR)が存在します。 顧客が銀行に連絡して住所を変更すると、カスタマーサービス担当者(CSR)がPega住所変更サービスケースを開始します。 ケースは、CSRに新しい住所を入力するように求めます。 顧客が新しい住所を承認すると、ケースのワークフローが進み、複数あるシステムオブレコードのうちの1つに住所を更新します。 住所がU-Plus Bank自体の顧客SOR内に保存されている場合、ケースは標準のAPIコネクターを使用してリアルタイムで住所を更新し、PegaアプリケーションとSORの間でデータを即座に交換します。 この更新が可能なのは、Pegaと顧客のシステムオブレコードの両方が情報交換の標準プロトコルを共有およびサポートしているためです。

買収した銀行の1つで口座を開設した顧客を例にしてこのプロセスを繰り返そうとしたところ、SORはデータ交換用のAPIをサポートしない古いレガシーシステムでした。 この顧客の場合、Pega住所変更ケースにより、CSRは有人モードでPega Robotic Process Automationを開始できます。 有人RPAとは、プロセスに関わる人間と一緒に機能する自動化のことを指します。 この自動化は、SORのフロントエンドを開いてロボットが住所を更新するように指示します。SORのフロントエンドは、デスクトップやWebアプリケーション、あるいは端末画面かもしれません。 次に、ロボットはユーザーインターフェイスをリアルタイムで操作して新しい住所フィールドに入力し、CSRが手動で行う作業をわずかな時間で効率的に実行します。

どちらの住所変更プロセスも、無人RPAモードを使用すればバックグラウンドで実行できます。 違いは、住所変更リクエストが後で処理するためにキューに入れられることです。 無人RPAには、システムリソースを最適化する利点があり、ピーク負荷が軽減されます。 このアプローチは、住所変更の更新プロセスに時間がかかる場合、CSRがそれを待たずに顧客へのサービスを継続できるため理想的です。

ロボットは、リアルタイムで有人または無人のRPAタスクを実行します。 Pegaは、ロボットのパフォーマンスの管理とデータ化をサポートするために、コントロールタワーアプリケーション、Pega Robot Manager™を提供しています。 Pega Robot Managerを使用すると、RPAロボットの管理とスケジューリングに加えて、すべてのロボットのパフォーマンス分析が提供されます。

U-Plus Bankは、Pega RPAと統合コネクターの両方を使用して複数の顧客のシステムオブレコードに接続するアプローチを採用しており、単一の最新の顧客SORに統一するという銀行の長期的な戦略に合致しています。 Pega Platformは、アプリケーションの機能と統合の詳細を分離しているため、銀行が単一のシステムオブレコードに統一された後は、ロボティックスオートメーションを統合コネクターで簡単に置き換えることができます。 データソースと統合レイヤーはアプリケーションレイヤーから分離されているため、システムオブレコードに将来的に変更があっても、アプリケーションへの影響は最小限に抑えられます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 69% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice