Skip to main content

ローカリゼーション

次のビデオは、ローカリゼーションの概念を説明しています。 この例では、国際的な企業のアプリケーションを使用しています。

動画のスクリプト

ローカリゼーションとは、国際化されたソフトウェアを特定の地域や言語に適合させるために、特有のコンポーネントを追加したり、テキストを翻訳したりする作業のことです。  例えば、グローバル企業であれば、複数の国にオフィスを構えていることが多いでしょう。

この例では、TGB社はアメリカのボストン、カナダのエドモントン、メキシコのアカプルコ、イタリアのフィレンツェ、トルコのイスタンブール、日本の東京に拠点を置いています。 したがって、社内のポータルは少なくとも6つの言語をサポートする必要があります。

英語:Hello

フランス語:Bonjour

スペイン語:Hola

イタリア語:Ciao

トルコ語:مرحبا

日本語:こんにちは

しかし、TGB社のウェブサイトを利用する現地ユーザーに合わせて対応しなければならない違いは、言語だけではありません。 通貨も地域によって異なり、記号の表記だけでなく、金額の書き方も異なります。 たとえば、アメリカでは6ドル50セントをUSD6.50と表記しますが、イタリアでは同じ金額をUSD6.50、またはユーロに換算してEUR5.98と表記します。

それ以外にも、地域による違いはもっとあります。 日付のフォーマットも文化によって異なります。 米国では、日付は慣習的にミドルエンディアン形式で、月/日/年(例:5/13/2017)と書きます。 しかし、世界の多くの地域では、日付はリトルエンディアン形式で、日/月/年(例:13/5/2017)と書きます。 また、中国、日本、台湾、韓国などのアジアの国々では、ビッグエンディアン形式で、年/月/日(例:2017/13/5)と書きます。

最後に、TGB社のウェブサイトは、複数のタイムゾーンのユーザーをサポートする必要があります。 時刻のフォーマットも地域によって異なります。 アメリカ、メキシコ、カナダでは、12時間制が採用されています。 一方、その他の地域では24時間制が一般的です。

ローカライズする際には、これらの違いに対応するため、複数の地域にわたるユーザーに合わせてアプリケーション上の表示の仕方をカスタマイズする必要があります。 Pegaにはローカリゼーションを支援する機能やウィザードがあります。

ローカリゼーションのプロセス

アプリケーションをローカライズするプロセスは、Pega Platform™のケースライフサイクルのステージを使って視覚化できます。 最初のステージでは、複数の言語へのローカリゼーションをサポートするようにアプリケーションを設計し、開発する必要があります。 次に、Language Packsをインストールします(利用可能な場合)。 その後、Localizationウィザードを使用して、アプリケーション固有のルールを翻訳します。

localizing-app-process

ローカリゼーション設計

ローカリゼーションに対応したアプリケーションを設計するために、ラベルやメモをキャプチャするためのフィールド値ルール、指示やメッセージのための段落ルール、メールやその他の通信のためのコレスポンデンスルールを作成します。 これらの要素をアプリケーションに追加すると、ほとんどの言語にローカライズできます。

フィールド値のルールにより、ポータルの表示、レポート、ユーザーフォームに表示される単語、フレーズ、文章のローカライズが容易になります。 フィールド値では、許可される値のリストをプロパティとは別に管理できます。 1つのプロパティを再利用し、プロパティのコンテキストに応じて許可される値をカスタマイズできます。 フィールド値を使用してアプリケーションをローカライズする方法の詳細については、Pega Communityの「Localized field values」を参照してください。

段落ルールは、コレスポンデンスルールやユーザーフォームなど、さまざまな読み取り専用のコンテキストでインターフェイス全体に再利用できる長文のフォーマットテキストを保存します。 段落ルールの詳細については、Pega Communityの「Creating paragraph rules」を参照してください。

コレスポンデンスルールでは、送信メール、ファックス、手紙、電話のメッセージ、その他の通知が生成されます。 送信メールにはPega UIセクション、プレーンテキスト、またはHTMLが含まれ、PDFファイルや画像などの添付ファイルも含まれます。 コレスポンデンスルールは、App Studioでメール対応を設定すると自動的に作成されます。

アプリケーションの翻訳準備については、Pega Communityの「Preparing your application for translation」を参照してください。

言語パックのインストール

Pega Platformでは、Pegaルール(UI フォーム上のコンテンツを除く)をローカライズするための言語パックを提供しています。 言語パックとは、Pega Platformのローカリゼーションをサポートする言語固有のルールセットのコレクションのことをいいます。 ターゲット言語で言語パックを利用できる場合は、Localizationウィザードを実行する前に言語パックをインストールしてください。 ターゲット言語のいずれかで言語パックが利用できない場合は、独自のカスタム翻訳パックを作成できます。 Localizationウィザードを使用して、UIフォームのPegaルールセットとコンテンツをエクスポートして翻訳します。

localization_wizard

 

Localizationウィザードとアプリケーション固有のルールの翻訳

言語パックのインストール後にLocalizationウィザードを実行する場合は、アプリケーションを構成する翻訳用のルールセットを選択します。 デフォルトでは、アプリケーションのルールセットのロックが解除され、ローカリゼーションが有効になっています。 Pega Platformのほとんどのレコードはデフォルトで翻訳可能として設定されていますが、以前のバージョンのPega Platformのレコードでは、Localizeオプションが事前に選択されていない場合があります。 Localizationウィザードを実行する前に、これらのレコードを手動でローカライズに設定します。

次の画像で「+」アイコンをクリックして、Localizationウィザードの使用方法の詳細を確認してください。

翻訳者向けの翻訳パッケージの準備に関する詳細は、ヘルプトピック「Preparing the translation package for translators」を参照してください。

ローカリゼーションの検証

Locale設定をターゲット言語(例:スペイン語)に設定し、アプリケーションを実行して、すべてのラベル、ノート、指示、メッセージ、メールが正常にローカライズされていることを確認します。 何らかの翻訳が不足している場合、該当する翻訳パックを確認し、不足している翻訳を追加して、Localizationウィザードを再実行し、再度検証してください。 言語ロケールを選択したときに、言語の用語が正しく表示されることを確認します。

ヒント: ロケールの設定は、ウィザードの最後の画面で行います。 Dev StudioでConfigure > User Interface > Application readiness > Localizationをクリックします。

すべての言語のルールセットをインポートしてテストすると、Pega Platformはユーザーのロケールに基づいてルールセットを自動的に使用します。 このアプリケーションをローカライズするための作業は必要ありません。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice