Skip to main content

既存のデータオブジェクトにGETメソッドのフィールドをマッピングする

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

RESTレスポンスからデータビューにフィールドをマッピングして、アプリケーションの処理に必要なデータを選択します。

はじめに:

RESTを使ってシステムオブレコードにデータオブジェクトを設定し、GET接続方法を選択します。 詳細は、「Connecting existing data objects to a system of record by using REST」を参照してください。

  1. 「Initialize call」をクリックして、RESTサービスにデータをリクエストし、レスポンスを表示します。

    補足: システムにより左側にコネクターのパラメーター、右側にデータページのパラメーターが表示されます。 トップレベルのJSON要素はデータページの構造を決定し、要素が配列の場合はリストページ、要素がオブジェクトの場合はシングルページとなります。
  2. 「Data mapping」ページで、ライブデータを使うか、JSONファイルからのデータを使ってデータオブジェクトを作成するか選択します。

    • システムオブレコードからのデータを使うには「Live response」を選択します。
    • JSONファイルのデータを使うには、 「Sample JSON」「Add sample response」をクリックします。 プロンプトに従ってファイルをアップロードするか、サンプルJSONを貼り付けて「Submit」をクリックします。
  3. レスポンスデータをデータオブジェクトのフィールドにマッピングします。

    1. 「REST response」をクリックします。

      マッピングフィールドにはいくつかの制限事項があります。

      詳細は、「Data mapping limitations」を参照してください。

    2. オプション:

      マッピングされたフィールドのみを表示するか、すべてのフィールドを表示するには、「Mapped only」オプションを切り替えます。

    3. オプション:

      リターンコードや未加工データなど、レスポンスの詳細を表示するには、「Information」アイコンをクリックします。

    4. アプリケーションで使う文字列やブール値などの単一値項目ごとに、対応する列から「Fields」列の対応するフィールドに項目をドラッグします。

    5. 対応するフィールドが存在しない場合は、「Add」アイコンをクリックしてデータビューに新しいフィールドを追加します。

  4. レスポンスデータをデータオブジェクトのフィールドにマッピングします。

    1. 「REST request」をクリックします。

    2. 各コネクターのパラメーターについて、マッピングするデータページのパラメーターを選択するか、新しいパラメーターを入力します。

    補足: パラメーターの追加だけが可能です。 下位互換性のために削除できません。
  5. 「Next」をクリックして「Environment Settings」ウィンドウに進みます。

  6. 「Submit」をクリックしてマッピングを完了します。

  7. 「Save」をクリックしてデータビューを保存します。

補足: 環境設定を行い、本番のためのデータを準備します。 詳細は、「Preparing your data for production」を参照してください。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice