Skip to main content

子ケースのロック戦略の上書き

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

それぞれのビジネスニーズを満たし、子ケースの同時更新をアプリケーションがどのように管理するのかカスタマイズするには、子ケースのロック戦略を上書きします。 デフォルトでは、子ケースは、親ケースからロック戦略を継承します。 子ケースタイプのロック戦略をカスタマイズすることで、柔軟なアプリケーションを提供でき、ケース解決がスピードアップします。

たとえば、自動車事故の後の保険請求をレビューする親ケースを、そして自動車の損傷を処理する子ケースを作成できます。 一度に一人のユーザーのみがアクセスできるように、親ケースタイプをロックするように設定できます。 その後、自動車の損傷に関する情報を提供するために、複数のカスタマーサービス担当者(CSR)が同時に作業できるように、ロック戦略を上書きし、複数のユーザーに子ケースの編集を許可することができます。
はじめに: ケースタイプの階層を作成します。 詳細については、「Creating a child case type」を参照してください。
  1. App Studioのナビゲーションパネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Settings」タブで、「Locking」をクリックします。

  3. ロック戦略をカスタマイズします:

    選択肢 手順
    別のユーザーが子ケースに取り組んでいるときに、ユーザーが親ケースにアクセスできるようにする 「Allow other users to access parent case when the child case is opened」チェックボックスを選択します。
    デフォルトのタイムアウト期間を変更する 「Time out value time-out duration mins.」フィールドで、子ケースに対して何分間ロックしたままにするのか入力します。
    補足: 子ケースについては、親ケースのタイムアウト値よりも少ないタイムアウト値を入力します。
  4. 「Save」をクリックします。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice