Skip to main content

PDFの自動化

PDFファイルの生成と添付

ケースのライフサイクルでPDFファイルを生成してケースに添付できます。 「Create PDF」の自動化により、ビューのスクリーンショットがPDF形式でケースに添付されます。 使用するビューは、オートメーションを設定する前に存在している必要があります。 実行中にビューがレンダリングされ、画面のキャプチャがPDFファイルに変換されます。

Create PDF automation

ケースの処理中に1つ以上のPDFファイルを作成し、ケースに添付できます。 このファイルを、メールに添付して送ることもできます。 PDFファイルは次のように、さまざまな業務目的に使用できます。

  • ユーザーが記入したフォームを文書として生成する
  • 特定のデータを文書として記録する
  • アプリケーションで発生したエラーメッセージをキャプチャし、分析のために送る
    補足: デバッグ目的でPDFを作成する場合は、本番環境でアプリケーションが使用する前にステップを削除するかオフにしてください。

たとえば、渡航ビザの申請書を記入する場合を考えてみましょう。 申請者には、さまざまな個人情報やこれまでの渡航歴、今回の渡航目的を入力するビューが表示されます。申請書を提出する前に、入力内容を確認するサマリービューも表示されます。 渡航ビザの申請書を提出したあとは、このサマリービューをスクリーンショットとして保存したPDF形式の文書が申請者に届きます。

PDFオートメーションの設定

PDFオートメーションを設定するときは、生成されるPDFのページサイズや向きを考慮しましょう。 ビューのレイアウトには、ユーザーに見てもらいたい最も関連性の高い情報を含めるようにします。 PDFにはこのレイアウトがそのまま反映されます。 さまざまなプロパティ値でビューをテストし、レイアウト内で項目が重なり合わないようにします。 画像を含める場合は、サイズや位置が想定どおりに収まるようにしましょう。 画像数が多いとPDFファイルのサイズが大きくなり、処理時間も長くなります。 ケースに複数の文書を添付すると、ケースデータやデータベースのサイズが大きくなります。
 

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 80% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice