Skip to main content

準備フェーズ

準備フェーズ

準備フェーズは、プロジェクトの開始ミーティングから始まります。この時、チームは、ビジョン、望む結果、計画について話し合います。 準備フェーズは、全員が理解するために重要なことです。 その後、プロジェクトチームは、最初のMinimum Lovable Product(MLP)を形成するMicrojourneyを理解するよう努めます。 このフェーズでは、デザインスプリントを追加することもできます。 より小さな問題については、顧客のための新しい体験を革新するために短いアイデアセッションを実行します。

準備フェーズでは、Pega Platformを使用して3つの柱を把握したり、改良したりします。 また、Directly Capture Objectives(DCO)を適用し、結果とユーザーストーリーをPegaソフトウェアに直接取り込むこともできます。 準備フェーズでは、最初のスプリント(スプリント1)に向けて、優先順位を付けたバックログを形成し、2件のスプリントに相当するユーザーストーリーを作成します。

Prepare
ヒント: Pega Expressは、プロジェクトの準備フェーズと開発フェーズの間、専任のビジネス担当者を置くことを推奨します。

準備フェーズの期間の長さ

準備フェーズでは非常に多くのコラボレーションが必要です。通常は1~2週間程度ですが、大規模なMLPの場合、数日から3週間程度になることもあります。 Pega Expressのアプローチは、あらゆるサイズのプロジェクトに柔軟に対応できます。

準備フェーズのリソース

準備フェーズをサポートするツールやテンプレートは、Pega Express Delivery Resources(デリバリーリソース)のページにあります。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice