Skip to main content

レポートでの関連付けルールの参照

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

一度に複数のクラスからのデータを自動的に含めることで、レポートをより包括的にします。 たとえば、ユーザーに割り当てられているタスクリストとユーザーのID番号を参照することで、そのユーザーのパフォーマンス分析を向上できます。

はじめに: 関連ルールを作成します。 詳細については、「Associations」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックし、「Reports」「Report definition」をクリックします。

  2. レポートディフィニッションのリストで、編集するレポートディフィニッションをクリックします。

  3. 「Query」タブの「Edit columns」 セクションで、「Add column」をクリックします。

  4. 「Column source」フィールドに、レポートで参照したい関連ルールの名前を入力します。

  5. 「Save」をクリックします。

補足: これでレポートは関連ルールを参照するようになり、レポート定義の「Data Access」タブで、確認、変更できます。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice