Skip to main content

クリップボードを使用したプロパティ値の設定

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

Clipboardツールを使用してテストを行うと、アプリケーションを高品質に保てます。 アプリケーションのテストやデバッグを行うには、検査する必要があるプロパティの値を設定し、それらの要素が想定通りに動作するかどうかを確認します。

たとえば、親ケースタイプの作成が完了する前に子ケースをテストするには、通常、子ケースタイプが親ケースタイプから継承するデータを指定します。 テストを行った後、必要に応じて異なる値を指定することで、アプリケーションをデバッグできます。
  1. App Studioで、テスト対象の要素にナビゲートします。

    例: 子ケースをテストするには、App Studioのナビゲーションパネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックして、「Run」をクリックします。
  2. App Studioのフッターで、「Toggle runtime toolbar Clipboard」をクリックします。

    補足: 「Pega Clipboard」ウィンドウが開きます。 「Thread」パネルに、ケースタイプなどの選択したスレッドに関連付けられたメモリー内のページがリストされます。
  3. 「Thread」パネルで、編集する値が格納されているページをクリックします。

  4. 「Clipboard page」セクションで、「Edit」をクリックします。

  5. 「Value」列で、テストやデバッグを行うプロパティの値を指定します。

  6. 「Save」をクリックします。

  7. 新しいクリップボードデータでテストやデバッグを行うプロセスを入力します。

    例: ケースを完了させます。
  8. フィールド値がテスト値と一致することを確認します。

  • Clipboardツール

    接続しているPega Platformリクエスターは全員(ブラウザベースのユーザーや、認証されていないゲストユーザーも)、サーバー上に関連する一時メモリー領域を持ちます。これはクリップボードと呼ばれます。 クリップボードは階層構造であり、ページと呼ばれるノードで構成されます。ページの多くは、名前と関連クラスを持ちます。 ページは、Pega Platformのデータベースや別のデータベースからコピーされ、場合によっては後でそこに格納される、そのクラスのオブジェクトインスタンスのバッファや一時コピーの役割を担います。

  • Clipboardツールの使用

    Clipboardツールには2つのパネルが表示されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice