Skip to main content

ルールステータスや可用性の設定

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

指定した使用情報が詳しく示されるようにルールのステータスと可用性を設定して、実行時にユーザーが正しいバージョンを確実に操作するようにします。 ルールのステータスと可用性を設定することで、ルールレゾリューション中のアプリケーションの動作と、ユーザーがデザイン時にルールとやり取りする方法も定義します。 その結果、ユーザーが拡張機能を適用し、変更を行った場合でも、アプリケーションが正しく動作します。

たとえば、アプリケーションのコア機能が変更されないようにするには、ユーザーは最終ルールを上書きできないため、機能を最終として構築するルールのステータスを設定します。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックします。

  2. ルールを保管しているカテゴリーを展開し、サブカテゴリーを選択します。

    例: 「Process Service Level Agreement」 をクリックします。
  3. フォームのヘッダーの短い説明の隣のルール可用性ラベルをクリックします。

    Pegaプラットフォームは、ルールの可用性を括弧で表示します。
  4. 「Availability」リストで、ルールレゾリューション中にアプリケーションがルールを選択する方法を制御するオプションを選択します。

    常にユーザーが利用できるクラスやルールセットなど、ルールタイプの中には可用性を変更できないものがあります。
    • ルールレゾリューションのルールを考慮するために、「Available」を選択します。
    • エラーが発生した場合もルールを編集し続けることができるように、ルールレゾリューションからのルールを除外し、検証ロジックを無効にするには、「Not available」を選択します。
    • ルールレゾリューション中にルールを考慮するものの、ユーザーがルールを選択した時に処理を中止し、ユーザーにエラーを返すには、「Blocked」を選択します。
    • ルールレゾリューション中にルールを考慮するものの、ルールセットが現在のルールセットよりも上位のバージョンでない限り、ユーザーが異なるルールセットにコピーしてルールを拡張することを防止するには、「Final」を選択します。
    • 同じメジャーバージョンのルールセットの以前のバージョンの同じ名前を持つルールとすべてのインスタンスを除外するには、ルールレゾリューションから「Withdrawn」を選択します。
  5. Statusリストで、ユーザーがルールとやり取りする方法を示すオプションを選択します:

    • ユーザーが、このルールに標準の入力パラメーターを提供し、標準の戻り値または結果を受け取ることができるようにするには、「API」を選択します。
    • Pegaプラットフォームがルールをサポートしていないことを伝えるには、「Deprecated」を選択します。
    • カスタム機能を提供するために、ユーザーがルールに上書きできるようにするには、「Extension」を選択します。
    • ユーザーがルールを作成した場合に、時間節約のために、開始点としてこのルールを選択できるようにするには、「Template」を選択します。
  6. 「OK」をクリックします。

  7. 「Save」をクリックします。

  • Troubleshooting final rules

    ルールを最終としてマークした後は、最初のルールが属するルールセット以外のルールセットに同じ表示キーを持つ2つ目のルールを誰も作成できません。 最終ルールのルールセットのバージョンがロックされている場合、最終ルールを含むルールセットの上位バージョンを除き、いずれかのルールセットの任意のバージョンに同じ表示キーを持つ2つ目のルールを作成することはできません。

  • Troubleshooting blocked rules

    ルールレゾリューションの処理は、ブロックされたルールに遭遇した時に停止します(ルールが見つからない場合)。 ルールフォームの色は、ブロックされたルールに対して、グリーンからグレーに変化します。

  • Extension points

    拡張ポイントは、アプリケーションのニーズに応じて、上書きされることを目的として設計されたアクティビティまたはその他ルールです。 これらルールの多くは、ステップを含まない空のスタブです。 一般的に上書きルールは、派生したクラス内です。

関連コンテンツ

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice