Skip to main content

コントロールのスタイル

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーインターフェイスの外観を変更して、ビジネスのブランディング要件に一致するようにアプリケーションをカスタマイズします。 ボタンやテキストフィールドなどの個々のコントロールのスタイルを設定し、アプリケーションのランタイムを変更できます。

  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. ワークエリアで「Save and run」をクリックして新しいケースを実行します。

  3. 開いているケースで、編集したいコントロールが含まれているビューに移動します。

  4. コントロールのあるビューで「Configure this view」をクリックします。

  5. 右側の設定パネルで、編集するコントロールにカーソルを合わせ「Edit」をクリックします。

  6. 「Presentation」タブで、コントロールに適用するスタイルを定義します。

    • 「Control format」フィールドで、下矢印キーを押して、コントロールに適用するフォーマットを選択します。
    • 「Label format」フィールドで、下矢印キーを押して、コントロールのラベルに適用する形式を選択します。

    補足: 使用可能なスタイリングオプションは、コントロールによって異なる場合があります。
  7. 「Apply」をクリックします。

  • ボタンコントロールの表示オプションの指定

    ボタンには「Strong」、「Standard」、「Simple」の3種類の定義済みフォーマットを使用できます。 アプリケーションでこれらの形式を一貫して使用すると、ユーザーインターフェイスが予測しやすくなり、ユーザーはフォームに入力しやすくなります。

  • 日付範囲カレンダーコントロールの表示オプションの設定

    アプリケーションユーザーが編集可能または読み取り専用になるようにコントロールを設定し、条件を適用して、セルがフォームにどのように表示されるかを指定します。

  • リンクコントロールの表示オプションの指定

    リンクコントロールには「Strong」、「Standard」、「Simple」の3種類の定義済みフォーマットを使用できます。 アプリケーションでこれらの形式を一貫して使用すると、ユーザーインターフェイスが予測しやすくなり、ユーザーはフォームに入力しやすくなります。

  • 複数選択リストコントロールの表示オプションの指定

    ランタイムで複数選択リストコントロールを表示する方法を設定する際に、コントロールが実行時に編集可能かどうか、リストコントロールの幅、およびコントロールのラベル形式を指定します。

  • リッチテキストエディターコントロールの表示オプションの指定

    リッチテキストエディターコントロールを作成したら、コントロールの表示方法を設定します。 コントロールが実行時に編集可能かどうか、リストコントロールの幅、およびコントロールのラベル形式を指定できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice