Skip to main content
close Search
Close search

フィールド入力の検証

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ケースがライフサイクル内の次のステップに移行する前に、ユーザーがフォームに入力した情報が必要条件を満たすことを確認します。 フィールド入力を検証して、ユーザーが入力したデータ値が有効かどうか、そしてシステムが情報を正しく処理できるかを確認します。 たとえば、オンライン注文する前に、顧客が氏名と住所を入力したかを確認できます。

Note: フォーム上のユーザーの入力が不正確かどうかを確認する検証条件を定義します。 ユーザーの入力が検証パラメーターに一致する場合、ユーザーがフォームを送信しようとするとエラーメッセージが表示されます。
Before you begin: ケースタイプを作成し、次にステージとプロセス、アサインメントがあるケースライフサイクルを定義します。 アサインメントのフォームには、検証するフィールドがある必要があります。 詳細情報については、「Automating work by creating case types」を参照してください。
  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Case life cycle」セクションで、検証条件を適用するステップを選択します。

  3. 右の「Step」ペインの「General」タブで、「Configure view」をクリックします。

  4. オプション:

    フォームを送信する前にユーザーがフィールドに値を入力するように、フィールドを「Required」に設定します。

    1. 「View configuration」ウィンドウの「Fields」タブで、「Required」に設定するフィールドを見つけます。

    2. そのフィールドの「Options」リストで、「Required」を選択します。

      必須フィールドに値を入力せずにユーザーがフォームを送信しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

    For example: 生年月日を入力せずにユーザーがフォームを送信しないようにするため、「Date of birth」フィールドを「Required」に設定します。
  5. ビュー構成ウィンドウの「Validations」タブで、「Add condition」をクリックします。

  6. オプション:

    検証が失敗した場合にエラーメッセージを表示するため、「Message」フィールドにメッセージのテキストを入力します。

  7. フォームのフィールドの検証条件を定義します。

    1. フィールドのリストで、検証するフィールドの名前を選択します。

    2. コンパレータリストで、フィールドで実行するテストを選択します。

    3. 「Value」フィールドに、ユーザーの入力に対して比較する値を入力または選択します。

      「Select values」オプションには、条件で使用できる、フォームからのフィールドや値がリストされています。

    For example: 生年月日が未来の日付に設定されないように、リストから「Date of birth」フィールドを選択し、「is after」コンパレータを設定し、次にカレンダー コントロールから「Today」を選択します。 未来に設定された生年月日を使用してユーザーがフォームを送信しようとすると、エラーメッセージが表示されます。
  8. オプション:

    複数の検証パラメーターを持つ条件を作成するには、条件に論理演算子を追加します。

    選択肢 手順
    すべてのプロパティが条件を満たす場合に条件合格とする
    1. 行の右側で、「Add a row」アイコンをクリックします。

    2. 演算子のリストで、「and」を選択します。

    3. フィールドのリストで、検証するフィールドの名前を選択します。

    4. コンパレータリストで、フィールドで実行するテストを選択します。

    5. 「Value」フィールドに、ユーザーの入力に対して比較する値を入力または選択します。

      「Select values」オプションには、条件で使用できる、フォームからのフィールドや値がリストされています。

    いずれかのプロパティが条件を満たす場合に条件合格とする
    1. 行の右側で、「Add a row」アイコンをクリックします。

    2. 演算子のリストで、「or」を選択します。

    3. フィールドのリストで、検証するフィールドの名前を選択します。

    4. コンパレータリストで、フィールドで実行するテストを選択します。

    5. 「Value」フィールドに、ユーザーの入力に対して比較する値を入力または選択します。

      「Select values」オプションには、条件で使用できる、フォームからのフィールドや値がリストされています。

    For example: 採用フォームでユーザーは、「From」「To」の日付タイプフィールドに日付を入力して、特定の企業での勤務期間を示す必要があります。 開始日が終了日の前になるように、そして終了日が開始日の後になるように、以下の図のようにAND論理演算子を使用して検証条件を設定します。
    雇用の日付範囲の検証
  9. オプション:

    さらに検証条件を定義するには、69のステップを繰り返します。

  10. 「Submit」をクリックします。

Note: 実行時、アプリケーションはすべての検証条件を評価します。 条件に一致する場合にはエラーメッセージが表示され、ユーザーは無効なフィールドを修正するまでフォームを送信できません。

  • 複雑なシナリオでのフィールド入力の検証

    ユーザーが入力したデータ値が特定の基準を満たしているかどうか、およびシステムが情報を正しく処理できるかどうかを確認するバリデートルールを作成します。

  • フローアクションに検証ルールを追加する

    ユーザーが入力したデータがケースの進行に必要な条件を満たしていることを確認します。 バリデートルールをフローアクションに割り当てると、ユーザーがアプリケーションで処理できない情報を入力するのを防ぎ、処理エラーの回数を減らせます。

  • フォームとフィールド

    フォームとはデータのビューのことです。 フォームのフィールドには、シングルバリューのフィールド、バリューグループ、またはバリューリストを含むユーザー入力が保管されます。 フォームを作成した後、ケースライフサイクルのアサインメント(割り当て)や承認のステップに関連付けることができます。

  • フィールドでのユーザー入力の制限

    データモデルのフィールドを設定して、情報の保存や表示方法を変更することで、ビジネス要件に合わせた堅牢なデータモデルを作成できます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice