Skip to main content

オートメーションデータ要素へのアクセス

オートメーションデータ要素へのアクセス

ロボティックオートメーションのデータ要素には、次の2つの非標準的なメソッドのいずれかでアクセスします。デザインブロックデータ出力からデータプロキシを抽出するか、またはObject Inspectorからデータ要素のThisプロパティを使用します。

デザインブロックデータ出力からデータプロキシを抽出する

オートメーションのためのデータを生成または解析するデザインブロックは、同じオートメーション内で使用するために、データ結果のプロキシを抽出するオプションを提供します。 以下の手順では、オートメーションはデザインブロックを使用して開発中であると仮定します。

  1. データ出力のあるデザインブロック(ブルーの点)で、データ出力を右クリックします。 コンテキストメニューが表示されます。
    proxy context menu
  2. コンテキストメニューで「Extract Proxy」を選択します。 データリンクで元のデータ出力に接続されたオートメーションに、新しいデザインブロックが表示されます。 オートメーションの下で、Pega Robot Studio™は、プロキシのデータタイプ、{データタイプ}.proxy1で定義されたグローバルオートメーション変数を作成します。 Object Explorerはオートメーションの階層を更新し、このプロキシを表示します。
    proxy objects
  3. 必要に応じて、「Properties」ウィンドウでプロキシに一意の名前を付けられます。
  4. Object Inspectorで、「Configure Type」をクリックし、オートメーションで使用するプロキシのプロパティとメソッドにアクセスします。
  5. Object Inspectorで、「Configure Type」をクリックし、パラメーターのプロパティとメソッドにアクセスします。 「Configuration」ウィンドウが表示されます。
  6. 「Configuration」ウィンドウで、そのプロキシに必要なプロパティとメソッドをチェックします。
  7. 「OK」をクリックします。 「Configuration」ウィンドウが閉じ、選択されたオプションがObject Inspectorに表示されます。
  8. Object Inspectorで、必要なプロパティまたはメソッドをクリックしてオートメーションにドラッグします。

データ要素のThisプロパティを使用する

以下の手順では、入力パラメーターを使用するプロシジャーオートメーションを開発中であると仮定します。

  1. Object Explorerで、「+」アイコンをクリックして開発中のオートメーションを展開し、「Execute」メモで、「+」アイコンをクリックします。 オートメーションの入力パラメーターが表示されます。
    proxy parameter
  2. Object Explorerで、データ値に必要な入力パラメーターを選択します。
  3. Object Inspectorで、「Configure Type」をクリックし、パラメーターのプロパティとメソッドにアクセスします。 「Configuration」ウィンドウが表示されます。
  4. 「Configuration」ウィンドウで、そのパラメーターに必要なプロパティとメソッドをチェックします。
  5. 「OK」をクリックします。 「Configuration」ウィンドウが閉じ、選択されたオプションがObject Inspectorに表示されます。
  6. Object Inspectorで、プロパティまたはメソッドをクリックしてオートメーションにドラッグします。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice