Skip to main content

ワークへのーのチームへの追加

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

チームにワークキューを追加すると、アプリケーションでの作業負荷の管理を向上させ、ケースの完了をスピードアップできます。 たとえば、マネージャーのタスクを表示するワークキューなど、専門分野が異なるユーザーについて、タスクを収集する複数のワークキューを作成できます。

はじめに: チームを作成します。 詳細については、「Creating a team」を参照してください。

新しいチームを作成すると、アプリケーションによりチームのデフォルトのワークキューが作成されます。

  1. App StudioのヘッダーでMy Teamsウィジェットを含むポータルに移動します。

  2. ナビゲーション パネルで「My Teams」をクリックします。

  3. My Teamsセクションで編集するチーム名をクリックします。

  4. 「Work queues」セクションで「Add new」をクリックします。

  5. 表示されるテキストフィールドでワークキューを定義します:

    • 新しいワークキューを作成するには、ワークキューの名前を入力します。
    • 既存のワークキューを追加するには、下矢印キーを押してからワークキューを選択します。
  6. オプション:

    さらにワークキューを追加するには、手順45を繰り返します。

  • ケースを使ったコラボレーション

    カスタマーサービスの担当者(CSR)などのアプリケーション ユーザーにコラボレーション ツールを提供することで、マイクロジャーニーをすばやく完了できます。 オープンなディスカッションで透明性のあるメッセージを交換することで、CSRはケースをすばやく効果的に完了できます。

  • ワークの作成

    カスタマーサービス担当者(CSR)などのケースワーカーにケースの作成、作業、解決などの業務管理機能を提供します。 ワークを解決する際、お客様はPegaデジタルソリューションを利用できます

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice