Skip to main content

ユーザーのチーム

組織全体でのリソース共有

オペレーターやワークキューは組織内のビジネスユニットと関連付けられます。 ワークグループを作成すると、オペレーターが関連付けられたビジネスユニットに関係なく、組織全体でリソースを共有できます。

補足: Dev Studioのオペレーターは、App Studioではユーザーやピープルとも呼ばれます。

ワークグループによりマネージャーおよびワークキューを含むクロスファンクショナル チームが識別されます。 ワークグループ内のワークキューには共有ワークが含まれます。 ワークグループに関連付けられたオペレーターは、異なる事業部門のオペレーター間でワークを共有できます。 

たとえば、情報アーキテクチャ(IA)コンサルタントは、SAS Inc.のテクニカル イネーブルメント部門に配属されています。デザイン部門のユーザー エクスペリエンス(UX)デザイナーとの連携を促進するため、IAコンサルタントとUXデザイナーはDesignワークグループに割り当てられ、ワークグループの各メンバーで共有するワークキューからワークにアクセスできるようになります。

以下の画像の中央にある垂直線をスライドすると、同じワークグループ内の異なるビジネスユニットのユーザーを表示できます。

ワークグループとオペレーター

各ワークグループには、ワークグループに関連付けられたオペレーターが共有できる1つのワークキューが含まれます。 オペレーターは少なくとも1つのワークグループに関連付けられている必要があり、複数のワークグループに属することができます。 オペレーターをワークグループに関連付けると、企業は組織階層に影響を与えず、個人がワークを共有する方法を管理できます。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、ワークグループ内の共有リソースの詳細を表示できます。

ワークグループマネージャー

ワークグループではワーク グループ マネージャーとして1人のオペレーターを識別します。 システムではワークグループのマネージャー情報を通知タスクやルーティングタスクに利用できます。 ワークグループでは、マネージャーは各ワークグループで実行されたワークを柔軟に割り当て、追跡、レポートできます。 マネージャーはCase Managerポータルを使用して、ワークグループで実行されるワークにアクセスします。

補足: Case Managerポータルでは、ワークグループをチームと呼んでいます。

ワークグループには、アサインメントを転送するための「Authorized managers」を含めることができます。 たとえば、チームのプライマリー マネージャーが不在の場合、承認されたオペレーターがマネージャーの責任の一端を担うことができます。 承認されたマネージャーは、ワークグループの一員である必要はなく、承認の実行やアサインメントの完了は許可されていません。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice