Skip to main content
This content has been updated. ここをクリックして 最新バージョンでトレーニングを続ける。

アジャイル開発に関するベストプラクティス

アジャイル開発とリリース管理の自動化のためのベストプラクティス

ほどんどのプロジェクトでは、アプリケーションを利用する顧客が最大限のメリットを得られるように、変更や修正が即座に適用されることが期待されます。 変更を速やかにデプロイできない場合や、本番環境にデプロイされた変更に問題がある場合、顧客のビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。 アジャイル方式をアプリケーション開発に取り入れると、頻繁な変更が容易になり、それらの変更が予期したとおりに確実に機能するようになります

Pega Platform™は、アジャイル方式に基いて構築されているため、アジャイル開発のプラクティスをPegaアプリケーションに簡単に実装できます。 アジャイル開発に関するベストプラクティスには、次のようなものがあります。

  • 小規模な範囲での頻繁かつ反復的な開発
  • 問題を早期に特定するための継続的なアプリケーション テスト
  • 高品質な設定のみが導入されるブランチ開発

アジャイル開発手法は、小規模企業の要件に基づく継続的かつ反復的なアプリケーション開発を可能にします。 要件が変更された場合は、速やかにフィードバックを取得してから、従来よりも小規模で頻繁なアプリケーション内変更を行って、フィードバックをリアルタイムで取り込めます。 たとえば、Agile Workbenchで追加されたフィードバック、ユーザーストーリー、またはバグに基づいて、ユーザー インターフェイスを変更したり、チャットボットを追加したりできます。

アジャイルプロセスをさらに進化させるため、DevOpsでは、それらのコンポーネントをまとめて、アプリケーションの構築、検証、デプロイ、デリバリーの方法を合理化します。 チームがアプリケーションのライフサイクル全体にわたって連携し、DevOpsによって開発チーム、テストチーム、本番開始後のサポートチームの統合を強化して、開発から本番までのライフサイクル全体にわたる構築プロセス、テストプロセス、デプロイプロセスの合理化と自動化を促進します。

次の図「+」アイコンをクリックすると、アジャイル開発に関する個々のベストプラクティスの詳細が表示されます。

継続的な統合に関するベストプラクティス

継続的な統合では、次のベストプラクティスを実行してください。

  • アプリケーション パイプラインで参照される製品ルールRule-Admin-Productを最新の状態に維持します。
  • Deployment Managerを使って、マージとビルドが自動的にトリガーされるようにします。 あるいは、prpcServiceUtils.batツールを使って、エクスポートを開始できます。
  • アプリケーションをパッケージ化する前にPegaUnitテストと重大な統合テストを実行して、問題を早期に特定します。 それらのテストのいずれかが不合格だった場合は、問題が修正されるまで、リリース パイプラインを停止します。
  • エクスポートされたアプリケーション アーカイブをJFrog Artifactoryなどのリポジトリにパブリッシュして、デプロイ可能なアプリケーションのバージョン履歴を維持します。

継続的なデリバリーに関するベストプラクティス

アプリケーションの品質を確保するため、次のベストプラクティスに従ってください。

  • Dockerまたは同様のツールを使って、ユーザー受け入れテスト(UAT)や探索的テストのためのテスト環境を作成します。
  • ユーザー インターフェイスやサービスレイヤーを使って多様な回帰テストを作成します。
  • テストをGitなどの別のバージョン管理システムに対して行います。
  • テストが不合格だった場合は、最新のインポートをロールバックします。
  • すべてのテストに合格した場合は、デプロイの準備が整っていることを示すため、アプリケーション パッケージに注釈を付けます。 デプロイは手動または自動で実行できます。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice