Skip to main content

Agile Workbench

Agile Workbench

Agile Workbenchは、プロジェクト関係者とチームメンバーのためのツールであり、アプリケーションに関するリアルタイムのフィードバックを取得し、機能の開発を追跡します。 Agile Workbenchは、Direct Capture of Objectives(DCO)と迅速な開発をサポートします。 DCOとは、アプリケーションでビジネスゴールを定義し管理するプロセスです。 アプリケーション内で直接フィードバックと開発ステータスを管理することにより、アプリケーション開発を効率化できます。

Agile Workbenchを使用した一般的なシナリオでは、ビジネス関係者やプロダクトオーナーと共にケースタイプの各機能を一通り実行または再生します。 再生セッションにおいて、誰かがバグや変更の必要性に気付いた場合には、それらのフィードバック、改善内容をAgile Workbenchに記録します。 たとえば、「Office」ドロップダウンに選択肢がないことに気付いた場合には、バグを記録します。 Agile Workbenchでのバグの記録については、Communityの記事「Creating bugs to report feature defects」を参照してください。

以下の画像では、バグが見つかったケースインスタンスが左に、新しいバグの詳細が右に記載されています。

agile-workbench-bug

ワークアイテム

Agile Workbenchでは、ワークアイテム(ユーザーストーリー、バグ、フィードバック)を作成します。 ストーリーはビジネス要件を説明します。 バグとは機能の欠陥です。 開発者は通常、現行の開発で主要なバグに対応し、マイナーなバグには後のリリースで対応します。 フィードバック アイテムは機能改善リクエストであり、利害関係者との再生セッションにおいてよく記録されます。 開発者は、フィードバックを踏まえて現リリースや将来のリリースの開発を進めます。 ワークアイテムは、開発作業のバックログになります。 一般的に、開発作業の大半はユーザーストーリーから構成されます。

オプションとして、ワークアイテムを機能や補助機能と関連付けることができます。 機能とは、アプリケーションがサポートできる動作のことです。 補助機能とは、機能内の機能です。 アプリケーションで新しいケースタイプを作成すると、Pega Platform™は自動的に同じ名前の機能を作成します。 たとえば、オンボーディングケースタイプでOfficeドロップダウンに選択肢がないバグを発見したため、このバグをOnboarding機能に関連付けます。 

各ワークアイテムには、To do、Doing、Doneのいずれかのステータスがあります。 ワークアイテムのステータスを変更するには、カードを該当する列にドラッグするか、ワークアイテム自体のStatusドロップダウンを使用します。

Applicationプロファイルには、アプリケーションの全機能とワークアイテム、およびそれらのステータスが表示されます。 Applicationプロフィールでは、アプリケーションの最新ステータスを確認できます。

Agile-Workbench

Agile Workbenchの統合

Agile WorkbenchはAgile Studioと連動します。Agile Studioは、個別のPegaツールであり、リリース管理、プロセス追跡、チーム能力、データ分析においてAgile Workbench機能を拡張してさらに充実させます。 Agile Workbenchは、JiraやCA Agile Centralなどの外部ツールとも連動します。 Agile Workbenchの統合機能により、お客様は既存のインフラを使用しながら、DCOの利点を活用できます。

Agile Workbenchのナビゲーション

次の図で「+」アイコンをクリックすると、Agile Workbenchのナビゲーションに関する詳細が表示されます。

    次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

    トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

    このコンテンツは役に立ちましたか?

    このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

    改善できるところはありますか?

    We'd prefer it if you saw us at our best.

    Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

    Close Deprecation Notice