Skip to main content

支援付きサインオンの設定

支援付きサインオンの設定

支援付きサインオンは、ユーザーログインプロセスの簡素化のニーズを満たすことを支援し、オートメーション開発をほとんど必要としません。

支援付きサインオンをアダプターに追加するには、次の手順に従います。

  1. ソリューションエクスプローラーで、アダプターをクリックします。
  2. 「Properties」ウィンドウの「Assisted Sign-on」セクションで、「Credentials」プロパティをクリックします。

    Configuring assisted sign-on
  3. エリプシスアイコン(...)をクリックします。 「Credential Collection Editor」ウィンドウが表示されます。

    WiCCE
  4. 「Credential Collection Editor」ウィンドウで、「Add」をクリックしてCredential Collection(認証情報コレクション)を追加します。 アプリケーションのメンバーとプロパティが表示されます。

    WiCCE CRM
  5. 「Controls」プロパティでサインオン情報が処理されます。 「LoginControl」プロパティをクリックしてから、ドロップダウン矢印を選択して、インテロゲートされたボタンコントロールを表示します。

  6. PasswordControl」と「UserNameControl」について手順5を繰り返します。

    WiCCE Drop
    補足: 支援付きサインオンコンポーネントは、インテロゲートされたコントロールの機能を区別しません。 たとえば、LoginControlプロパティを選択すると、コンポーネントはこのコントロールをボタンとして認識し、インテロゲーションコントロールにマッピングする場合は、ボタンのみ使用可能になります。

    次の画像は、設定されたコントロールの例を示しています。

    WiCCE Controls
  7. アプリケーションとプロジェクト要件の性質によっては、必要に応じて他のプロパティを設定してください。

  8. ApplicationKey」プロパティで、示されている値はアダプターファイルの名前でもあります。 このフィールドは必須で、アプリケーションを特定するものでなければなりません。 システムでは、アダプターに割り当てられた名前がデフォルトで使用されます。 必要に応じて、オートメーション内でアプリケーションを参照する場合など、開発を容易にするために、アプリケーション名の短縮を検討してください。
  9. OK」をクリックして、「File」>「Save All」を選択します。

    補足: アプリケーションへのサインインに、ユーザー名、パスワード、およびログインボタン以外のものも必要である場合、ASOManagerコンポーネントをプロジェクトのグローバルコンテナに追加して、ログインプロセスを支援するオートメーションをより柔軟に開発できるようにします。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice