Skip to main content

データトランスフォームの構成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

データトランスフォームを利用してプロパティ値を設定すると、開発がスピーディーに進み、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。 データトランスフォームを作成すると、フォーマットやクラスのデータを別のフォーマットやクラスに変換できます。

たとえば、顧客が注文フォームに配送先住所を入力した場合、データトランスフォームを設定しておくと、請求先住所にも同じ詳細を入力できます。
  1. Dev Studioのヘッダーで、「Create」>「Data Model」>「Data Transform」をクリックします。

  2. 「Label」フィールドに、データトランスフォームの簡単な説明を入力します。

  3. オプション:

    データトランスフォームの名前を手動でセットするには、「Identifier」セクションで「Edit」をクリックします。

    デフォルトでは、システムは「Identifier」フィールドに入力したテキストに基づいて、このフィールドに読み取り専用の値を自動的に入力します。 スペースと特殊文字は無視されます。

  4. 「Additional configuration options」で、データトランスフォームのデータモデル形式を選択します。

    • クリップボードをデータモデルとして使用する場合は、「Clipboard」を選択します。
    • データモデルとしてJSONを使用する場合は、「JSON」を選択します。
  5. 「Context」セクションで、データトランスフォームのコンテキストを指定します。

    1. レコードを保存するアプリケーションレイヤーを選択します。

    2. 「Apply to」フィールドで、このデータトランスフォームを適用するクラスを選択します。

    3. 「Add to ruleset」フィールドで、レコードを含めるルールセットの名前を選択し、リストからバージョン番号を選択します。

  6. オプション:

    この開発変更でアプリケーションが関連付けるデフォルトのワークアイテムを上書きするには、「Work item to associate」フィールドで「下矢印」キーを押してから、「ワークアイテム」を選択します。

    デフォルトワークアイテムについての詳細は、「Setting your current work item」を参照してください。

  7. 「Create and open」をクリックします。

  8. 「Definition」タブで、選択したデータモデルに基づいてデータトランスフォームの詳細を設定します。

    選択肢 手順
    クリップボードを使用してデータトランスフォームを設定する
    1. 「Action」列で、データに対して実行するアクションを選択します。

      クリップボードで使用可能なアクションについての詳細は、「Data transform actions for Clipboard」を参照してください。

    2. 「Target」列で、選択したアクションのターゲットを指定します。

    3. 可能な場合は、「Relation」列でターゲットとソースの関係を指定します。

    4. 「Source」列で、選択したアクションのソースを指定します。

    5. オプション:

      データトランスフォームにアクションを追加するには、「Add a row」をクリックして、手順8.a8.dを繰り返します。

    6. オプション:

      このデータトランスフォームと、親クラスで同じ名前のいずれかのデータトランスフォームを紐付けるには、「Call superclass data transform」チェックボックスを選択します。

      実行時はまず、システムにより最上位レベルのデータトランスフォームでアクションが実行されます。

    JSONを使用してデータトランスフォームを自動マッピングする
    1. 「Auto-map all data」チェックボックスを選択します。

      補足: システムにより実行時にJSON文字列がクリップボードにマッピングされます。
    2. 「Top element structure」セクションで、データトランスフォームの構造についてオブジェクトか配列かを選択します。

    3. 要素構造が配列の場合は「Pagelist Property」フィールドで、配列をマッピングするプロパティを選択し、JSON要素を選択します。

    JSONを使用してデータトランスフォームを設定する
    1. 「Top element structure」セクションで、データトランスフォームの構造についてオブジェクトか配列かを選択します。

    2. 要素構造が配列の場合は「Pagelist Property」フィールドで、配列をマッピングするプロパティを選択し、JSON要素を選択します。

    3. 「Action」列で、データに対して実行するアクションを選択します。

      JSONで使用可能なアクションについての詳細は、「Data transform actions for JSON」を参照してください。

    4. 「Clipboard」列で、JSONシリアル化または逆シリアル化で使用するクリップボードを選択します。

    5. 可能な場合は、「Relation」列でターゲットとソースの関係を指定します。

    6. 「JSON」列に、JSONデータの配列、オブジェクト、または簡単なフィールド名を入力します。

    7. データトランスフォームにアクションを追加するには、「Add element」をクリックして、ステップ「8.c」「8.f」を繰り返します。

  9. オプション:

    すべての子行を非表示にするには、「Collapse All」をクリックします。

  10. オプション:

    すべての子行を表示するには、「Expand All」をクリックします。

  11. 「Save」をクリックします。

  • クリップボードのデータトランスフォームアクション

    ケースを処理する時間を節約するために、データトランスフォームを使用してアプリケーションにデータを入力します。 データトランスフォームを使うと、あるフォーマットやクラスのデータを別のフォーマットやクラスに変換できます。

  • JSONのデータトランスフォームアクション

    データトランスフォームでアプリケーションにデータを提供するとケース処理の時間を短縮できます。 データトランスフォームを適用すると、指定したソースからの値をターゲット値に入力するため、同じデータを二度入力する必要がなくなります。

  • データトランスフォーム

    データトランスフォームでは、あるフォーマットおよびクラス(ソース)のデータを別のフォーマットおよびクラス(ターゲット)のデータに変換する方法を定義します。 サポートされている形式はクリップボードとJSONです。 アクティビティの代わりにデータトランスフォームを使用してプロパティ値を設定すると、開発がスピーディーに進み、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。

  • データトランスフォーム - フォームの作成、名前を付けて保存、特殊化を行う
  • データトランスフォームの詳細

    データトランスフォームを使用すると、特定のクラスのオブジェクトの初期プロパティを指定したり、クラスのインスタンスのプロパティ(およびその値)を別のクラスのインスタンスにマッピングしたりできます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice