Skip to main content

データトランスフォーム

データトランスフォーム

データトランスフォームは、アプリケーションでデータを操作することを目的としています。 データトランスフォームによりデータを必要な形式にコピーしたり操作したりします。 データトランスフォームを使用して、データをあるタイプから別のタイプに変換したり、ページリストまたはページグループを繰り返し処理したり、ページ全体を一度にコピーしたりもできます。 

購入アプリケーションでのチェックアウトプロセスを考えてみましょう。 顧客は配送先住所と請求先住所の入力が求められます。 請求先住所と配送先住所は同じである可能性もあります。 顧客に配送先住所の再入力を求めるよりも、データトランスフォームにより配送先住所を請求先住所にコピーした方が効率的です。 チェックアウトプロセスをさらに進めると、クレジットカードの処理のため、顧客はフルネームを入力する必要があります。 ここでもデータトランスフォームを使用して、顧客アカウントから姓と名のプロパティを単一のフルネームプロパティにコピーできます。

Example of how data transforms are used in a checkout example

もう一つ別の例を考えてみましょう。 自動車修理の親ケースには、必要な修理を提供する子ケースが含まれます。 子ケースには提供可能なアイテムやサービスのメニューが単価を含めて記載されます。 提供するアイテムやサービスは親ケースにコピーして請求書を発行します。 データトランスフォームを使用して、提供可能なアイテムとサービスのリストを反復処理し、ゼロより大きい数のエントリーのみをコピーします。

An auto repair parent case and service child case uses a data transform
ヒント: 異なるケースの情報にアクセスする場合(親子ケースの関係など)は、親ケースから子ケースに情報をコピーするのではなく、親ケースのデータを参照することを検討してください。 データの参照により、親ケースのデータを変更した場合に発生する同期の問題を回避できます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice