Skip to main content
close Search
Close search

ユーザービューのフィールドを設定する

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ステップを作成した後、既存のPega提供のフィールドを追加するか、作成済みのフィールドを再利用するか、または新しいフィールドを作成することにより、ビューを構成できます。 また保存したビューの再利用も可能です。

  1. App Studioのナビゲーションパネルで、「Case types」をクリックします。
  2. 「Case types」でケースタイプの名前をクリックします。
  3. 「Workflow」タブをクリックして、ケースライフサイクルを開きます。
  4. ケースライフサイクルで、アサインメントまたは承認ステップをクリックします。
  5. 右のパネルの「General」タブで、「Configure view」ビューをクリックします。
  6. 必要に応じてフィールドとビューを追加します。
    • 以下の手順で、既存のフィールドを追加します。
      1. 左側のパネルで、「Fields」を選択して既存のフィールドを表示します。
      2. フィールドの行を選択し、フィールド名の右側にある「+」アイコンをクリックします
      3. さらにフィールドを追加するには、手順2を繰り返します。
    • 次の手順で、新しいフィールドを作成します。
      1. 「Field」タブの「Field」フィールドで、新しいフィールドの名前を入力します。
      2. 「Type」リストで、フィールドタイプを選択します。 タイプによって、ユーザーがUIフィールドに値を入力する方法を定義します。
      3. 「Options」リストで、次のオプションのいずれかを選択します。
        • 「Optional」ユーザーはオプションでフィールドに値を入力できます。
        • 「Required」ユーザーはフィールドに値を入力する必要があります。
        • 「Read-only」ユーザーはフィールドの値を入力または更新できません。
      4. さらにフィールドを追加するには、「+ Add field」をクリックします。
    • 以下の手順で、既存のビューを再利用します。
      1. 左側のパネルで、Viewsをクリックして既存のビューを表示します。
      2. ビューの行を選択し、ビュー名の右側にある「+」アイコンをクリックします。
      3. さらにビューを追加するには、手順2を繰り返します。
  7. 「Submit」をクリックします。
  8. 「Save and run」をクリックして、標準の「Create」ビューに新しいフィールドを表示します。
  9. 選択して作成したフィールドがユーザービューに表示されていることを確認します。
  10. 「Done」をクリックします。
If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 67% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice