Skip to main content
close Search
Close search

Attachment、Location、およびUser-referenceフィールドの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

Attachment、Location、およびUser-referenceフィールドでは、ユーザーのフォームとのインタラクション方法における高度な機能を提供します。 たとえば、ユーザーが履歴書をケースに添付できるようにAttachmentフィールドを設定したり、マップを使用して配送先住所を入力できるようにLocationフィールドを設定したりできます。 User-referenceフィールドを設定して、アプリケーション内のユーザーのリストを一覧表として、またはオートコンプリートとして検索結果のリストを表示することもできます。

  1. App Studioのナビゲーションパネルで、「Case types」をクリックします。
  2. 「Case types」でケースタイプの名前をクリックします。
  3. 「Data Model」タブで「+ Add field」をクリックします。
  4. 「Name」列に、フィールドの名前を入力します。
  5. 「Type」列で次のフィールドタイプのいずれかを選択します。
    • Attachment
    • Location
    • User reference
  6. 歯車アイコンをクリックして、添付ファイルまたはUser-referenceフィールドを設定します。
  • 以下の手順で、Attachmentフィールドを設定します。
    1. 「Attachment category」フィールドで、ユーザーがアップロードする添付ファイルのカテゴリーを選択します。 デフォルトでは、添付ファイルのカテゴリーはフィールド名と一致しています。 詳細情報については、「Attachment categories」を参照してください。
    2. 「OK」をクリックします。
  • 以下の手順で、User-referenceフィールドを設定します。
    1. 「Select record using」フィールドで、リストからコントロールタイプを選択します。
      • 「Search box」 – オートコンプリート フィールドに氏名またはオペレータIDを入力して、既存のユーザーを検索するようユーザーに要求します。
      • 「Drop-down list」 – 既存のユーザーの氏名をリストから選択するようユーザーに要求します。
    2. 「OK」をクリックします。
      Note: Locationフィールドは追加設定を必要としません。
If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 40% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice