Skip to main content

ワークグループの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ワークグループを作成することで、組織内の仕事を論理的かつ効率的に管理できます。 ワークグループでマネージャーと直属ユーザーのグループをリンクすることによって、関連するワークフローの管理を行い、コミュニケーションを向上させることができます。

たとえば、実行時に、ユーザーがタスクの期限を守らなかった場合、レポーティングマネージャーは通知を受け取ります。 アプリケーションがワークグループの設定を使用して、マネージャーを判断します。

補足: 新しいアプリケーションを作成すると、システムはデフォルトのワークキューとワークグループを作成します。 相互に依存しているため、ワークグループを作成する時はワークキューを提供する必要があります。 デフォルト値を使用し、ワークグループとワークキューを作成した後に実際の値を提供します。
  1. Dev Studioのヘッダーで、 「Create」> 「Organization」> 「Work Group」 の順にクリックします。

  2. 「Create Work Group」タブの「Short description」フィールドで、グループの目的を簡単に説明します。

    例: 「Loan application reviews」と入力します。
  3. 「Work Group Name」で、ワークグループのラベルを入力します。

    名前により詳しい情報を与えるためのベストプラクティスとして、ワークグループ名にアットマーク(@)を追加して、貴社の名前を続けます。
    例: 「Loans@UPlus」と入力します。
  4. 「Create an open」をクリックします。

  5. 「Work group」タブの「Settings」セクションで、ワークグループに関する基本情報を提供します。

    1. 「Manager」フィールドで、グループのレポーティングマネージャーであるユーザーのIDを入力します。

    2. 「Default work queue」フィールドで、このワークグループに入ってくるワークを受け取るために、デフォルトのワークキューを入力します。

  6. 「Save」をクリックします。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice