Skip to main content

ログファイル

アプリケーションの問題

Pega Platform™はエラーやワーニング、その他のデバッグ情報を一連のログファイルに書き込みます。 システム管理者は、システムの健全性を維持し、アプリケーションやシステムの潜在的な問題を特定するために、ログファイルを監視します。 システムアーキテクトは、開発中のアプリケーションの問題を調査するためにログファイルを確認し、アプリケーションの品質を向上させることができます。

ログファイル

ログには、日常的なシステムステータスから、アプリケーションが予期せず終了するような深刻なエラーまで、さまざまなイベントの通知が記録されます。 各ログは、ログファイルに書き込まれるイベントのタイプを決定するアペンダーによって管理されます。 利用できるログファイルは、システム設定で構成されたアペンダーによって異なります。 次のログファイルはPega Platformシステムで一般的に構成されます。

  • PEGAログには、内部処理に関するワーニング、エラー、情報メッセージが含まれています。 このログは、コンソールログやシステムログとも呼ばれ、アプリケーションのデバッグに使用されます。 
  • ALERTログには、操作が指定されたパフォーマンス閾値を超えたときに発生するパフォーマンス関連のアラートが含まれます。
  • ALERTSECURITYログには、Internet Application Composerファシリティの不適切な構成や、URLの改ざんによりPega Platformノードのシステムセキュリティー機能をバイパスしようとする露骨な試みを示唆するアラート(プレフィックスSECUで識別)が含まれます。
  • BIXログには、抽出処理中にBusiness Intelligence Exchange(BIX)が生成したエントリーが含まれます。 BIXはオプションのアドオン製品で、Pegaデータベースからトランザクションデータを抽出し、レポートデータウェアハウスやオペレーショナルデータストア(ODS)、その他のダウンストリームプロセスへのエクスポートに適したフォーマットに変換します。
  • SERVICES-PALログには、サービスから保存されたパフォーマンスデータが含まれています。
  • CLUSTERログには、クラスターのセットアップとランタイムの動作に関する情報が含まれています。
補足: Pega Platformは、ノードのprlog4j2.xml構成ファイルで構成されたアペンダーに基づいてログを管理します。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

ログファイルツール

Pega Platformで管理されているログファイルを表示、ダウンロードするには、ログファイルツールを使用します。 Dev Studioのログファイルツールは、「Configure」>「System」>「Operations」ランディングページからアクセスします。 ログファイルツールで、システム上でアクティブになっているアペンダーをリストできます。 各アペンダーには、ログファイルを表示またはダウンロードするためのリンクが用意されています。 ログファイルは、フォーマットされていないテキストファイル、またはZIP形式で圧縮されたファイルとしてダウンロードできます。

補足: ログファイルをダウンロードするには、Pega Platformをホストするアプリケーションサーバーの管理者ログイン情報が必要です。
Log file list
ヒント: また、Kibanaなどの外部ログビューアーを使ってログファイルを表示することもできます。 外部ビューアーでのログファイルの表示について詳しくは、Pega Communityの記事「Viewing log files in an external log viewer」を参照してください。

次の図で「+」アイコンをクリックすると、ログファイルツールを使ってログの内容を表示する方法を確認できます。

PegaRULES Log Analyzer(PLA)

PegaRULES Log Analyzer(PLA)は、デベロッパーやシステム管理者がシステムログデータの統合サマリーを表示するために使用できるスタンドアロンのウェブアプリケーションです。

PLAを使用して、ユーザー受け入れテスト(UAT)、パフォーマンステスト、ストレステスト、および本番環境へのデプロイメント直後に、新規または再構成されたPegaアプリケーションをテストします。 パフォーマンス、安定性、およびスケーリングの問題は、これらのタイミングで最も発生しやすいため、再構成されたアプリケーションを、UAT中、パフォーマンステスト中、およびデプロイメントの直後にテストすることは重要です。

PLAは、ALERT、PEGA、およびGC(Garbage Collection)のログを統合し、要約します。 このログデータから、デベロッパーやシステム管理者がパフォーマンス上の問題を迅速に特定、診断、対処するために必要な、処理およびシステム健全性に関する重要な情報を得られます。

ヒント: PLAはPega CommunityのMarketplaceから入手できます。 PegaRULES Log Analyzer(PLA)の詳細については、Pega Community Marketplaceの概要「PegaRULES Log Analyzer」を参照してください。

ログレベル設定ツール

各システムイベントについて、prlog4j2.xml構成ファイルでは、どのイベントをログに記録するかを判定するための閾値を定義しています。 選択されたログレベル以上のイベントのみが記録されます。 たとえば、イベントにERRORログレベルが構成されている場合、FATALイベントやERRORイベントのみがログに記録され、INFOイベントは無視されます。 マルチノードのPegaシステムでは、各ノードに別々のprlog4j2.xmlファイルを作成できます。

補足: ルールセットやPegaのクラス階層はログとは無関係です。 アペンダーにData-Party.Researchという名前のアクティビティのログイベントが含まれていて、システムにその名前のアクティビティが複数含まれている場合、これらのアクティビティのいずれかを現在のノードで実行すると、ログされたイベントが発生することがあります。

現在のノードのprlog4j2.xmlファイルの重大度設定を一時的に上書きするには、ログレベル設定ツールを使用します。 ログレベル設定ツールで行った変更は、ノードのprlog4j2.xmlファイルには書き込まれず、他のノードのログには影響がありません。 このツールで行った変更はすぐに反映され、ノード上のサーバーが停止するまで、またはユーザーや他のデベロッパーが再度このツールを使用してログレベルをリセットするまで有効のままになります。

ヒント: アクティビティをデバッグする際、Log-Messageメソッドを使用し、ログレベルをInfoForcedに設定すると、prlog4j2.xmlファイルやログレベル設定ツールの設定にかかわらず、イベントがPEGAログに追加されます。 本番システムでのログエントリーを減らし、パフォーマンスを向上させるには、アクティビティのデバッグが終了した時点で「InfoForced」ステップを削除するか、コメントに変換します。

 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 75% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice