Skip to main content

ログファイルの表示

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ログファイルを表示して、システムに関する情報を分析します。 ログファイルは内部操作、システムパフォーマンス、またはセキュリティーに関するデータを収集するため、アプリケーションを管理する際に情報に基づいた決定を行うために使用します。

ログファイルでは、サーバーノードのすべてのセッションの現在のオペレーターIDが照合されます。

  1. Dev Studioのヘッダーで、「Configure」「System」「Operations」「Logs」とクリックします。

  2. 「Logs」タブの「Log utilities」セクションで、「Log files」をクリックします。

  3. 「Log File Download」ウィンドウで、ファイル名をクリックしてログの1つを表示します。

    最初の表示では、オペレーターIDのログファイルのエントリーが一度に25行表示されます。
  4. オプション:

    必要に応じて表示を調整するには、ログフィルターを変更するか削除します。

    • 行数を変更するには、「Lines Per Page」フィールドに新しい値を入力して「Apply」をクリックします。
    • ウィンドウに表示されるページ数を変更するには、「Number of Pages Presented」に新しい値を入力して「Apply」をクリックします。
    • ログをユーザー別にフィルタリングするには、「Filter by」フィールドにオペレーターIDを入力して「Apply」をクリックします。

      「Filter by」フィールドをクリアすると、システムのすべてのユーザーのログが結果に表示されます。

  5. ログを解析した後は、「Back」をクリックしてログの一覧に戻ります。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice