Skip to main content

ビュー

ワークを完了させる上で、ビューとは、ユーザーから情報を集めたり、ユーザーに情報を表示したりするユーザーインターフェースのコンポーネントです。 ビューには、現在のアサインメントを完了するために必要なフィールドが表示されます。

ヒント: Pega Platform™では、ユーザーから情報を収集するビューはフォームと呼ばれます。

たとえば、ローン申請で、申請者が個人情報、ローンの詳細、関連する財務情報を入力できるフィールドを備えたオンラインビューが提供されたとしましょう。 申請者の情報を読み取り専用フィールドとみなし、承認・不承認の結果とその説明を編集可能なフィールドに入力する内部ローン担当者には、異なるビューが提示される場合があります。

ユーザーが必要な情報を関連するフィールドに入力できるようにビューを設計します。 Pega Platform™では、フィールドの名前とユーザーが入力した値をデータ要素として保存し、情報を再利用できるようにします。 このアプリケーションでは、保存されたデータ要素を編集できるようにしたり、読み取り専用にしたりできます。

特定のタスクのビュー

ローンを組むためのプロセスを実行するとします。 この例では、2つのステップがあります。

プロセスの最初のステップでは、顧客はローン申請の情報を入力する必要があります。 このフォームには、顧客の名前、ローンの金額、ローンの種類などの情報を入力するためのフィールドが表示されます。 顧客がフォームを記入すると、審査のためにシステムからローン担当者にリクエストが送信されます。

プロセスの2つ目のステップでは、ローン担当者は、申請から収集されたデータをローン担当者ビューで確認できます。 ローン担当者は読み取りのみ行うことができ、更新はできません。 また、ローン担当者ビューには、ローン保険の適性や申請の承認結果などの情報を担当者が入力するためのフィールドが表示されます。

以下の画像の中央にある縦棒をスライドすると、ローン申請のステップを表示できます。

ビュー作成における考慮事項

ユーザーが特定のタスクを実行するために、確認または収集する必要がある情報を、ビューの作成中に判断します。 たとえば、ユーザーが指定された情報を入力するためのローン申請ビューを作成したとします。

次のローン申請ビューの画像で、「+」アイコンをクリックすると、ビューを作成する際に考慮する項目や質問が表示されます。

補足: Optionsリストでは、どのフィールドについてもOptional、Read-only、Required、およびCalculated(読み取り専用)としてマークできます。

ビューとフォーム

ビューは、ケースを調整するために使用できるUI要素の再利用可能な構成です。 フォームはユーザーからデータを収集し、作業を処理するためのインターフェイスです。  フォームには1つ以上のビューを含めることができます。 ただし、ビューは必ずしもフォームにはなりません。 たとえば、オンラインショッピングのサイトでは、顧客が個人情報や配送先情報などを入力する必要があります。 ビューには、First Name(名)、Last Name(姓)、State(州)、Country(国)などのUI要素があります。 フォームには、送信ボタンとキャンセルボタンを含めることができます。

次の画像で、「+」アイコンをクリックして、フォーム、ビュー、およびフィールドがどのように連携して、ケースのインタラクティブなウェブページを作成するかについて確認してください。

以下のインタラクションで理解度をチェックしてください。


このトピックは、下記のモジュールにも含まれています。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice