Skip to main content

チャレンジ

アプリケーションエラーのデバッグ

4 タスク

20 分

Visible to all users
初級 Pega Platform 8.6 ローコードアプリ開発 Dev/Designer Studio 日本語

シナリオ

Assistance Request ケースの処理の一部として、ロードサイド サポート アプリケーションは、実行されたサービスを子ServicesケースからAssistance Requestケースにコピーします。 この機能の設定をテストしているときに、次のスクリーンショットに示すように、Assistance Requestケースに、子ケースに示されていないサービス項目が含まれていることに気付きました。 Tracerツールを使用して問題をデバッグし、解決します。

select_and_review

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 Dynamic System Settingsを使用したTracerエラーの導入

  1. Dev Studioでは、「Records」エクスプローラーでSysAdmin > Dynamic System Settingsをクリックします。
  2. 設定目的がラベル付けされた「TracerError」を含むエントリーをクリックして、Dynamic System Settingを編集します。
  3. 「Value」フィールドに「on」と入力してSave をクリックし、Dynamic System Settingを有効化します。 
  4. Dynamic System Settingのレコードの一覧を更新し、TracerError Dynamic System Settingが値「on」を返すことを確認します。
    tracer-error-on

2 Tracerの設定を指定する

  1. Dev StudioのフッターのDeveloper Toolbarで、「Tracer」アイコンをクリックして「Tracer」ウィンドウを表示します。
    Tracer icon in the developer toolbar
  2. 「Tracer」ウィンドウで、ツールバーの「Settings」をクリックして、Tracerツールの設定を確認します。 「Tracer Settings」ウィンドウが表示されます。
    Settings button in the Tracer toolbar
  3. 「Tracer Settings」ウィンドウで、以下のトレース対象イベントとブレーク条件が選択されていることを確認します。
    tracer_settings
  4. Rulesets to Traceセクションで、「Deselect All」をクリックします。
  5. GoGoRoadルールセットのルールをトレースするように、GoGoRoadチェックボックスを選択します。
    rules_to_race
  6. 「OK」をクリックして、「Tracer Settings」ウィンドウを閉じます。

3 Tracerツールを開始して対象のイベントを特定する

  1. 「Tracer」ウィンドウで、ツールバーの「Clear」をクリックして、以前のログをクリアします。
    Clear button on the Tracer toolbar
  2. 「Pause」をクリックして、Tracerツールを一時停止します。
    ヒント: Tracerによって記録される無関係のイベントの数を減らすために、エラーが発生する直前にTracerを実行します。
  3. 「Tracer」ウィンドウを最小化します。
  4. 新しいAssistance Requestケースを作成します。
  5. ケースを「Select services」ビューに進めます。
    補足: 「Enter customer information」ステップで、開始条件がReview Service Summaryステップをスキップしないように、標準保障を利用するアカウントIDを選択します。
  6. 「Tracer」ウィンドウを開いて「Play」をクリックし、Tracerツールを開始します。
  7. 「Tracer」ウィンドウを最小化します。
  8. 「Unlock」行と「Replacement key」行の「Quantity」フィールドに、値「1」を入力します。
    select_services
  9. 「Submit」をクリックします。 「Review service summary」ビューが表示されます。
    補足: Review service summaryステップに自動的に進まない場合は、サービスケースIDの横のプルダウンをクリックし、Assistance RequestケースIDをクリックすると、親ケースにリダイレクトされます。 Review service summaryの右側にあるGoをクリックして、Review service summaryビューに進みます。
  10. 「Tracer」ウィンドウを開き、「Pause」をクリックしてトレーサーツールを一時停止します。 トレーサーの結果に、以下のイベントで値「SelectedServices(1)」および「SelectedServices(2)」が設定されています。 
    Tracer results
    補足: 実際の行番号は異なる可能性があります。
     
  11. Tracerの結果で、「STEP METHOD」列で気になる行をクリックして、詳細を表示します。 「Properties on Page TraceEvent」ウィンドウが表示されます。 「Event Key」行にクラスとルール名「TESTVALUESFORINVOICING」が表示されます。 
    Properties on Page TraceEvent window for event 36
  12. 「Properties on Page TraceEvent」ウィンドウを閉じます。
  13. 「Tracer」ウィンドウを閉じます。

4 エラーのソースを見つけて修正する

  1. Dev Studioのヘッダーで、検索バーに「TestValuesforInvoicing」と入力して、「Enter」キーを押します。 検索結果が表示されます。
    Search results for testvaluesforinvoicing
    補足: システムで検索結果が返されない場合は、App Explorerを使用して「AssistanceRequest」クラスでルールを検索するか、RecordsExplorerを使用して「DataTransform」ルールカテゴリーでルールを検索します。
  2. 「TestValuesForInvoicing」データトランスフォームをクリックします。 Test values for Invoicingデータトランスフォームには、最初の2つの「SelectedServices」行項目の値がハードコードされています。 データトランスフォームはテスト目的で含まれていましたが、削除する必要があります。 
    Test values for invoicing data transform
  3. 「Actions」 > 「View references」をクリックして、ルールがどこで参照されているかを確認します。 右側のパネルの「Referencing rules」タブに、「InvoiceCustomer」フローが表示されます。
    Data transform testvaluesforinvoicing referencing rules
  4. 「GoGo-GoGoRoad-Work-AssistanceRequest-InvoiceCustomer」にカーソルを合わせて、「Edit」アイコンをクリックし、フロールールを開きます。
  5. StartシェープとReview service summaryアサインメントの間のコネクターを右クリックして、「View properties」をクリックします。
    View properties in the first connector of the Invoice Customer flow rule
  6. 「Connector properties」ウィンドウのSet propertiesセクションで、TestValueForInvoicingデータトランスフォームがこのコネクターから実行されていることを確認します。
    Connector properties with test values for invoicing data transform applied
  7. 「Data transform」フィールドをクリアし、「Submit」をクリックしてウィンドウを閉じます。
  8. 「Save」をクリックして、フロールールを保存します。

作業の確認

  1. 新しいAssistance Requestケースを作成します。
  2. ケースを「Select services」ビューに進めます
  3. 「Unlock」行と「Replacement key」行の「Quantity」フィールドに、値「1」を入力します。
  4. 「Submit」をクリックします。 「Review service summary」ビューが表示されます。
  5. 正しいサービスが表示されることを確認します。
    review_services_step


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice