Skip to main content

チャレンジ

キー付きデータページを含むページプロパティの取得

3 タスク

15 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 データ統合 日本語

シナリオ

応募者が「Submission」ステージで適切なポジションを選択できるように、応募者が空きポジションを選択した場合に、空きポジションに関する説明を表示するよう、採用担当者からの依頼がありました。

キー付きデータページを使用して、選択したポジションを表示します。 D_PositionListデータページをキー付きアクセス用に設定し、それを使用して職務の説明を表示します。

このチャレンジを完了するための推奨タスクは以下のとおりです。

  • D_PositionListデータページの設定を更新し、職位の識別子を含む個別の職務情報にアクセスします。
  • 「Position」プロパティを設定してD_PositionListデータページを参照し、「PositionAppliedFor」プロパティをキー値として使用します。
  • 「CollectPersonalDetails」セクションに「JobDescription」フィールドを追加します。
  • ユーザーが別の職位を選択した場合に、職務説明が更新されるようにします。
補足: ルールを編集できない場合は、ロック解除バージョンのルールセットに保存します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
    補足:  練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

    チャレンジ ウォークスルー

    このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

    起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

    詳細なタスク

    1 キー付きデータアクセスをデータページに設定する

    1. Data Explorerで、D_PositionListデータページを開きます。

      Position data type
    2. Keyed page accessセクションで、「Access pages with user defined keys」チェックボックスを選択してキー付きデータアクセスを有効にします。
    3. 「Page list keys」 フィールドで、「.ID」を選択します。
       

      Position data page keyed access
    4. データページを保存します。

    2 キー付きデータページを参照する

    1. 「Candidate」ケースタイプの「Position」プロパティを開きます。

    2. 「Data Page」フィールドをD_PositionListを指すように変更し、「PositionAppliedFor」プロパティをキーに指定します。 
      補足: プロパティをHRAppsルールセットの新しいロック解除バージョンに保存すると、重複したプロパティ定義を作成するとシステムパフォーマンスに悪影響を与えるというワーニングが表示されます。 キー付きデータページ設定への切り替えに注目し、Positionプロパティの新しいバージョンを作成することで、このプロパティをロック解除された新しいルールセットにコピーすることを正当化します。
      Position property configuration
    3. プロパティを保存します。

    3 職務の説明を読み取り専用フィールドとして追加する

    1. 新規の「Candidate」ケースを作成します。
    2. Dev StudioのフッターのToolbarで、ToggleLive UIをクリックしてLive UIを有効化してセクションを特定し、職務の説明を追加します。
    3. 右側のペインのCollectPersonalDetails_0セクション要素で、Open アイコンをクリックしてセクションフォームを表示します。
      Collect personal details screen
    4. セクションフォームのDesign タブで、「Data capture」>「Textinputをクリックしてからコントロールをダイナミックレイアウトにドラッグします。
      Text input
    5. Text inputフィールドを選択します。

    6. 右側で、歯車アイコンをクリックしてCell Propertiesダイアログボックスを開きます。

      Section text input configuration
    7. Cell Propertiesダイアログボックスの「General」タブで、Property フィールドに「.Position.JobDescription」と入力します。

      Text input field property configuration
    8. 「Presentation」タブの「Edi」t optionsフィールドで、「Read-only (always)」を選択します。

      Text input presentation configuration
    9. テキスト入力セルプロパティを保存します。

    10. セクションフォームで、「Position applying for」フィールドと「Job description」フィールドを含むダイナミックレイアウトを選択し、歯車アイコンをクリックしてDynamic layout properties ダイアログボックスを開きます。

      Section layout configuration
    11. 更新条件を設定して、ドロップダウンリストが更新された場合に説明が更新されるようにします。

      Dynamic layout properties configuration
    12. セクションルールを保存します。

    作業の確認

    1. 新規の「Candidate」ケースを作成します。
    2. 「Position applied for」リストでポジションを選択します。
    3. Job descriptionサービスが表示されることを確認します。
      Job description
    4. Clipboardツールを開きます。
    5. pyWorkPagePositionプロパティを開き、プロパティがD_PositionListデータページを参照していることを確認します。
      Clipboard pyWorkpage


    下記のミッションにも含まれています。

    トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

    このコンテンツは役に立ちましたか?

    改善できるところはありますか?

    We'd prefer it if you saw us at our best.

    Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

    Close Deprecation Notice