Skip to main content

モジュール

Toolboxコンポーネント

6 トピック

31 分

Visible to all users
初級 Pega Robotic Automation ロボティックプロセスオートメーション 日本語

開発者やコーダーは、新しいプロジェクトに参加すると、コードを打ち始め、言語のメソッドや機能、標準的な言語のフォーマットや構造を使用します。 Pega Robot Studio™では、コードの代わりにデザインブロックを使用します。 これらのデザインブロックは、オートメーションにおけるオブジェクトやコントロールの実行、応答、設定を行います。 Pega Robot Studioでは、標準的なコーディングロジックの一部の基礎をToolboxで確認することができます。 開発者は、プロジェクトやソリューションに要求される最も単純なタスクから最も複雑なタスクまでを実行するオートメーションを作成するために、Toolbox内のコンポーネントのライブラリとその機能やメソッドを認識することが重要です。

このモジュールを完了したら、以下の目的を達成できるようになります。

ロボティックオートメーションやプロジェクトに関連する用語として、ローカルとグローバルを区別する。
グローバルコンテナプロジェクト項目の使用と制限について説明する。
ロボティックオートメーション内で変数を作成するためのアクセス方法を説明する。
3種類の比較と式を定義する。
式の入力パラメーターについて説明する。
文字列、日付、時刻、ファイルのためのユーティリティーコンポーネントの使い方を説明する。
Waitコンポーネントの使用とパラメーターについて説明する。
Loopingコンポーネントの使用とパラメーターを区別する。
Excelファイルコネクターの範囲と使用を説明する。

下記のミッションにも含まれています。

Robotics System Architect

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice