Skip to main content

式と比較

式と比較

Pega Robot Studioには、プロジェクト要件に関連する特定の決定を促し、好ましい結果を生むための式と比較を実装できます。 式と比較コンポーネントを使用すると、ワークフロー内に条件を追加したり、ワークフロー内でデータ値を作成または操作したりできます。

Pega Robot StudioのBooleanExpressionコンポーネントは、TrueまたはFalseの論理命令文の追加を可能にします。 BooleanExpressionコンポーネントは、倍精度浮動小数点、整数、文字列、ブールのデータタイプと識別値を評価できます。 式で使用される入力タイプを指定する必要があります。 2つのパラメーターに異なるデータタイプを設定すると、式が無効になります。

BooleanExpressionコンポーネントは、ToolboxボックスのComparisons & Expressionsセクションにあります。 式を入力するには、デザインブロックをクリックします。 有効な式には、a > b、a < b, a > XXXX、a != b、a==b、a==XXXXなどが含まれます。ここで、XXXXはハードコードされた値です。 動的な値を渡して、式の追加後に有効にされたデータポートを使用して評価できます。

boolean expression 2

ブール式コンポーネントは、ワークフローで決定を下すオプションを提供します。 ブール式の出力データノードを右クリックし、Make Decisionを選択します。 デシジョンデザインブロックが画面に表示され、TrueまたはFalseの論理パスを使用してワークフローのフローパスをコントロールできます。

boolean expression decision

StringExpressionコンポーネントは、ソリューションへの標準文字列関数(2つの文字列の連結など)の追加を可能にします。 この値は、動的なデータでも、ハードコードされたデータでも構いません。 ハードコードされた値の場合には、値を引用符で囲んでください。

string expression

NumericExpressionコンポーネントは、加算や減算などの標準の数値演算の実行を可能にします。 また、式に小数値を渡すこともできます。 小数の有効桁数は、Decimalsプロパティを使用して設定します。

numeric expression

ワークフローでの意思決定を可能にするのは、BooleanExpressionのみです。 StringExpressionとNumericExpressionには、デシジョンデザインブロックを追加するための規定がありません。

比較

Pega Robot Studioは、シンプルな論理比較を実行する比較コンポーネント群を提供します。 比較コンポーネントは、TrueまたはFalseの結果イベントを生じさせます。 比較コンポーネントは、ToolboxボックスのComparisons & Expressionsセクションにあります。

comparisons toolbox

比較コンポーネントは単一の入力を受け入れ、それを静的な値と比較します。 次の例では、入力データを静的な値1000と比較して、TRUEまたはFALSEの結果を生成します。 ハードコードされた値のデータタイプが入力のデータタイプと一致することを確認してください。

comparisons example

比較コンポーネントの値のデフォルトのデータタイプは、倍精度浮動小数点型です。 動的な入力の場合、値のデータタイプは入力値に一致するように自動的に変更されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice