Skip to main content

オートメーションルーピング

オートメーションルーピング

ルーピングは一般的なメソッドであり、デベロッパーはセクションを反復して、アイテムのコレクションに対してアクションを検証、実行、または完了することができます。 Pega Robot Studio™は、ループのために2つのコンポーネント(ForLoopListLoop)を提供します。 これらは、ToolboxのAdvancedセクションにあります。

looping toolbox

ForLoop

ForLoopコンポーネントを使用すると、オートメーション内でロジックを繰り返し実行できます。 プログラミング言語のForLoop構造と同じ要素を含み、特定の回数、または条件が真になるまでロジックを実行できます。 ブレークイベントノードがトリガーされるか、繰り返しの上限に達すると、繰り返しは終了します。

デザインブロックには、ForLoopのメインメソッドとイベントが含まれています。 ForLoopコンポーネントを使用すると、ループのInitial、IncrementやLimitパラメーターの動的設定やハードコーディングを行えます。必要に応じて、コンポーネントのプロパティをプロパティグリッドから設定できます。

ForLoop 1

次の例では、HTMLテーブルの列からのデータは、Windowsフォームのリストボックスに入力されます。

forLoop Example 2

ListLoop

ListLoopコンポーネントを使用すると、リストの個々のアイテムを読み取り、各アイテムにイベントを実行できます。 このコンポーネントは、アイテムの件数をループする(Connectable Loopのように)だけではなく、リストの内容を読み取り、各アイテムを出力します。

ListLoop 1

次の例では、オートメーションでアイテムのリストが読み取られます。 アイテムの値がPegaに一致すると、ListLoopの実行はBreakメソッドによって中止されます。

forLoop Example 3
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice