Skip to main content

Pega Robot Studioユーティリティーでのデータ操作

String、DateTime、Fileユーティリティー

Pega Robot Studio™は、文字列、日時、時間間隔、ファイルのデータ値を操作し、書式化するユーティリティーコンポーネントを提供しています。 ユーティリティーコンポーネントは、Microsoft .NET Frameworkのコンポーネントと似ています。 コンポーネントには、Toolboxウィンドウの「Advanced」セクションからアクセスできます。 ユーティリティーコンポーネントを追加するには、コンポーネントをオートメーションまたはグローバルコンテナにドラッグします。 コンポーネントの必要なメソッドをObject Inspectorから選択して、そのメソッドをオートメーションに追加します。

StringUtils

StringUtilsコンポーネントは、文字列操作メソッドの包括的な選択肢を提供します。 このコンポーネントはStringValue入力パラメーターを使用して、メソッドを適用する文字列を指定します。 メソッドは、Concat、IndexOf、Trim、Insert、Replaceなどです。

  • 次の例では、オートメーションで文字列入力値のサブストリングが抽出されます。 サブストリングは、文字列入力の5番目のインデックス位置で開始します。

    string utilities example

DateTimeUtilとTimeSpanUtils

DateTimeUtillコンポーネントを使用すると、通常は日付と時間で表現される、時間のインスタンスを操作できます。 TimeSpanUtilsは時間間隔を操作するために使用します。 Pega Robot Studioは、Microsoft .NET Frameworkからのこれら以外のメソッドも提供します。

  • 次の例では、ToStringメソッドを使用して、DateTime値を文字列式コンポーネントで使用する文字列タイプに変換します。

    using the datetime util component

FileUtils

ディレクトリーやファイルの操作には、FileUtilsコンポーネントを使用します。 FileUtilsメソッドは、対応する.NETメソッドを公開します。 FileUtilsを実装する際には、パスパラメーターに無効なパス文字や長さを含めずに、セキュリティとデータのプロトコルに従ってください。 不正なアクセスやI/O例外があると、システムは選択されたメソッドを実行できません。

  • 次の例では、オートメーションで、FileUtilsコンポーネントのMoveメソッドを使用してファイルのディレクトリーが移動されます。

    file utils sample

FileUtilsコンポーネントがPega Robot Studio Toolboxに表示されない場合、「Choose Toolbox Items」ウィンドウを使用してコンポーネントを追加できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice