Skip to main content
close Search
Close search

ワークアイテムのステータスの変更

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ワークアイテムのステータスを正確に更新し、機能の実装にどれだけの作業が必要かをチームが把握できるようにします。

たとえば、チームがストーリーの作業を開始したら、そのストーリーを「To do」列から「Doing」列に移動します。

  1. App Studioのヘッダーで、Agile Workbench のアイコンをクリックします。

  2. Agile Workbenchツールのヘッダーで、「More」「Overview」をクリックします。

  3. 「Work items」セクションで、ワークアイテムを別の列にドラッグしてワークアイテムのステータスを変更します。

  4. オプション:

    更新するアイテムを迅速に見つけるには、ストーリーをフィルターします。

    1. 「Work items」セクションのヘッダーで、「All」をクリックします。

    2. リストで、表示するアイテムを選択します。

  • 機能とワークアイテムを関連付ける

    割り当てられたワークアイテムを、そのワークアイテムが実装する機能と関連付けることで、アプリケーションのトレーサビリティが改善されます。

  • 現在のワークアイテムを設定する

    新しいタスクを開始するたびに現在のワークアイテムを設定することで、作成、編集、またはコピーしたルールにどのワークアイテムを関連付けるかをコントロールできます。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice