Skip to main content
close Search
Close search

補助機能の作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

補助機能でアプリケーション機能を強化すると、より高度で多岐にわたるソリューションを提供できます。 補助機能を作成し、別の機能を拡大する機能を定義しましょう。

補助機能を作成し、別の機能を拡張する機能を定義しましょう。たとえば、レポートと監視を説明する機能を作成し、その機能をビジネスレポートや分析監視の補助機能で拡張できます。
Before you begin: 拡張するメインの機能を作成します。 詳細情報については、「Creating features」を参照してください。
  1. App Studioのヘッダーで、Agile Workbench のアイコンをクリックします。

  2. Agile Workbenchのヘッダーで、「More」アイコンをクリックし、次に「Application Profile」をクリックします。

  3. 「Features」セクションのヘッダーで、補助機能で強化する機能の名前をクリックします。

  4. 「Subfeatures」セクションで、「Create」アイコンをクリックします。

  5. 「Name」フィールドに補助機能を固有に識別するテキストを入力します。

  6. 「Description」フィールドに、この補助機能のビジネス価値を説明するテキストを入力し、開発チームがその補助機能を実装するときにユーザーがどのようなことができるかについての概要を説明します。

  7. 「Create」をクリックします。

Note: ネストされた補助機能をさらに作成し、追加の能力で補助機能を拡張します。 4つのレベルの補助機能を作成できます。

  • 機能の作成

    アプリケーションが特定のビジネスニーズに対応し、顧客の期待を満たせるようにするには機能を作成します。 機能を作成する際に、アプリケーションの設計を、利害関係者や開発チームに伝えます。

  • 機能の削除

    使用されていない、または関連性がなくなった機能は削除してください。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 40% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice